ゴルフ場にDJブース設置 ノリノリの音楽でスコアもアップ? アディダスゴルフのイベントに潜入してみた!

太平洋クラブ八千代コースがアディダス一色になった。この日は「ADIDAS GOLF TOUR360 INVITATIONAL」と題しインフルエンサーやメディア関係者が新たなフラッグシップシューズの体験ラウンドを開催しました。

ゴルフ場がアディダスゴルフ一色に

 今回、太平洋クラブ八千代コースで行われたのは、アディダスゴルフが今春に発売したフラッグシップシューズ「TOUR360 22」のお披露目イベント。インフルエンサーやメディア関係者などを集め、実際にシューズを履いて体験ラウンドが行われました。

「TOUR360」の装飾が施された太平洋クラブ八千代コースのクラブハウス内

 まずクラブハウスに到着すると、まったく新しいソールとして注目を集める「スパイクモア」を象徴する装飾が施されたエントランスがお出迎え。

 さらに受付横には今回のTOUR360シリーズが並べられており、到着早々にアディダスゴルフの世界観を感じることが出来ました。

クラブハウスの2階からワンオンチャレンジ!?

 スタート前のイベントでは、2階レストランの外にあるバルコニーから9番ホールのグリーンへワンオンチャレンジ。こんなところからショットを打ったら怒られるのでは、と思いながらも今日は貸し切りイベント。普段できない経験を満喫できました。

 聞くところによると太平洋クラブ八千代コースの貸し切りイベントでしかできない名物イベントだそうです。

クラブハウスの2階から9番ホールのグリーンへワンオンチャレンジ

 スタート前のイベントを終え、いざティイングエリアへと向かうと、どことなくノリノリの音楽が流れてきます。なんと、ティイングエリア後方に特設のDJブースが設置されていました。

 大音量の音楽と参加者が楽しそうに談笑している様は「ここはゴルフ場?」と錯覚してしまう雰囲気。

 普段、「ゴルフ場では静かに」というのがマナーです。しかし、心地よい音楽に包まれてのラウンドも、「まったく気にならない」「逆にノッテくる」など参加者からは高評価だったようです。

DJブースをバックにティーショットを打つ参加者

歩きやすさとグリップ力を高い次元で両立

 さて、肝心の「TOUR360 22 BOA」の履き心地ですが、今回初めて搭載されたスパイクモアというアウトソールが素晴らしかったです。

「スパイクとスパイクレスのいいとこ取り」という触れ込みでしたが、実際に履いてラウンドしてみるとまさしくその通りでした。

「TOUR360 22 BOA」を履いての体験ラウンドに参加したインフルエンサー

 会場の太平洋クラブ八千代コースは全ホール歩きのプレーだったのですが、ラウンド終了後も疲労感は全くありません。そのうえ、ショット時にはスパイクシューズと遜色がないグリップ力を感じることができます。

「疲れやすいからスパイクレスしか使わない」「ショットが安定しないからスパイクレスはちょっと……」という相容れないニーズに応えてくれる新しい形のシューズだと感じました。

インフルエンサーも多数参加! 「ADIDAS GOLF TOUR360 INVITATIONAL」の様子

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/04/adidas_golf_0001-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/04/adidas_golf_0004-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/04/adidas_golf_0005-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/04/adidas_golf_0008-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/04/adidas_golf_0010-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/04/adidas_golf_0007-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/04/adidas_golf_0002-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/04/adidas_golf_0003-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/04/adidas_golf_0006-2-150x150.jpg

最新記事