PXGの新モデル「GEN5」シリーズ登場! 一体何が進化したの?

 ゴルフブランド「PXG(ピーエックスジー)」がフラッグシップモデルの新作「GEN5」シリーズを4月27日に発売。ゴルファーの五感を刺激するギアが登場しました。

すべての性能が前作よりもアップグレード

 米国発ゴルフブランド「PXG(ピーエックスジー)」が、フラッグシップモデルの新作「GEN(ジェン)5」シリーズを4月27日から発売すると、発表しました。

 今回発表された「GEN5」シリーズは、大幅に増加した慣性モーメント(MOI)と独自設計で実現した高精度ウェイティングテクノロジーなどで、より遠くへ、よりターゲットを狙える機能を搭載。さらに、打感と打音を大幅に向上させることで、ゴルファーの五感を刺激するモデルへと仕上げられています。

飛距離性能とコントロール性能を高い次元で両立させた「GEN5シリーズ」

 新シリーズの「0311 GEN5 ドライバー」は、ハイスピードTi412フェースとバリアブルフェースデザインを採用。チタン合金フェース素材は、非常に高い降伏強度と低い弾性率を持ち、フェースのたわみを大きくすることで超高速のボールスピードを可能にしています。また、厚み可変のフェースには内部トポグラフィー形状を採用し、軽量化とボールスピードの向上を図るとともに、耐久性も高めています。

 同ドライバーは、スイングの特徴に合わせて選べる「0311 GEN5」と「0311 XF GEN5」の2種類のヘッドデザインを用意。

「0311 GEN5」はディープフェース、低スピン設計となっており、慣性モーメント(MOI)は前モデル「0811 GEN4」に比べ25%向上。スタンダードモデルより優しさを追求した「0311 XF GEN5」は、ヒットゾーンを広げたフェース、ミッドスピン設計でMOIは前モデルに比べ、22%向上しています。

 ドライバーをはじめ、フェアウェイ、ハイブリッドは、フルAVカーボンファイバークラウン、内部サポートウェイト構造、プレシジョンウェイトテクノロジー、ロボティックポリッシングなどを共通で搭載。MOIの向上に寄与しています。

 ヘッドの総重量を調節することもでき、複数のポート位置に重量を分けて配置、もしくは最大限の効果を発揮できるよう1カ所に重めのウェイトを配置することも可能です。ウェイトは 2.5、5、 7.5、 10、 12.5、 15、 17.5、20グラムから選択できます。

アイアンは3つのヘッド形状からレベルや好みに合わせた選択が可能

 アイアンでは、極薄フェースデザインと独自のコアを採用。新開発したコア素材「XCOR2」を搭載し、前モデルに搭載された「XCOR」から、アイアンの中核部分を約5~7グラムほど軽減し、前モデルに比べMOIが5%向上しています。

性能だけでなく「打感」や「打音」なども前作よりも向上

 さらに、パワーチャンネル(溝)テクノロジーも搭載。内部のチャンネルテクノロジーにより、反発係数(COR)を増加させ、より速いボールスピードと飛距離のために、ゴルフボールにより多くのエネルギーを伝達します。ゴルフ業界で最も薄いフェースと組み合わせることで、信じられないほどソフトなフィーリングを実現。クラブヘッド後方の重心位置近くにあるサイズ調整可能なウェイト、プレシジョンウェイトテクノロジーも搭載しています。

 ボディー形状は5回鍛造。ヘッド形状は「XP」「P」「T」の3種類とドライビングアイアンである「X」の計4種類。XPは打ちやすく、圧倒的な寛容性と十分な飛距離を出しやすく設計。Pはやさしさ、弾きやすさのバランスを追求。Tはショットを完全にコントロールしたい上級者向け、Xはドライビングアイアンで、狭いフェアウェイや悪条件下で最大の飛距離を求めるゴルファー向けとなっている。

 PXGのCEO(最高経営責任者)、ボブ・パーソンズさんは「私たちは最高のクラブを作りました。GEN5はすべての面で優れています」とコメント。

 PXGを使用しているプロゴルファーのジーナ・キムは「GEN5 ドライバー」について「自分のゴルフバッグの中で一番好きなクラブです。コースでとても良いパフォーマンスを発揮してくれます。長く、より真っすぐに打てるので、短いクラブでアグレッシブにバーディー、時にはイーグルチャンスを狙えます」と話しています。

 同じくPXGを使っているザック・ジョンソンは「GEN5 アイアン」について「フェースからの感触は、ソフトでありながらソリッド。飛距離と弾道の一貫性、スピンコントロールは、ひと振りで明らかです。このアイアンは私をより良いプレーヤーにしてくれると信じています」と語っています。

 価格は、0311/0311XFドライバーが各7万2600円(以下、税込み)、0311/0311XFフェアウェイが各5万2800円、0311/0311XFハイブリッドが各5万2800円、0311XP/0311P/0311T/0311Xアイアンが各4万9500円~。

「0311 GEN5」シリーズのクラブ画像と詳細スペックをチェック

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2029/04/T-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2029/04/X-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2029/04/XP-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2029/04/hybrid-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2029/04/driver-spec-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2029/04/FW-spec-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2029/04/hybrid-spec-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2029/04/T-ironspec-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2029/04/P-ironspec-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2029/04/XP-ironspec-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2029/04/hikaku-woodspec-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2029/04/hikaku-ironspec-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/04/GEN5_キービジュアル_WEB媒体用-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/04/GEN5_0632-Edit_ec-copy-2-150x150.jpg

最新記事