「控えめに言って最高でした」 宮里藍が山下美夢有&吉田優利の妹・鈴らと笑顔で大会終了を報告

元女子プロゴルファーの宮里藍が自身のインスタグラムを更新。山下美夢有らとの笑顔あふれるオフショットを投稿しました。

“大会アンバサダー”宮里藍に上田桃子からも「大役ほんとに本当にお疲れさまでした」

 元女子プロゴルファーで、6月12日に幕を閉じた「宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント」大会アンバサダー・宮里藍が自身のインスタグラムを更新。同大会で優勝した山下美夢有や、ベストアマに輝いた吉田優利の妹・吉田鈴らアマチュア選手との笑顔あふれるオフショットを投稿しました。

宮里藍のインスタグラム(@ai_miyazato)より

 宮里は「無事に1週間を終える事ができました!!」「山下美夢有ちゃん、優勝おめでとう!」と大会の終了と山下への祝福コメントを投稿。「最後まで手に汗握る展開になりましたが、同世代の藤田さいきも頑張っていましたし、吉田鈴ちゃんや、アマチュア選手を含めて素晴らしいゴルフでした!」と大会を盛り上げた選手たちを称賛しています。

「この表彰式終わりの写真は恒例にしていきたい」というハッシュタグを添えて投稿した、優勝者らとの記念写真に、上田桃子からも「大役ほんとに本当にお疲れさまでした 今年も藍ちゃんと一緒には写真撮れずくやぴーです」とコメントが寄せられています。

 他にも「少し早めのお誕生日をお祝いしてもらいました…もう間もなくまた歳を重ねますが、今日が1番若い! をモットーにまた頑張っていきたいと思います!」とイラスト入りの大きなケーキを前に笑顔を見せている写真も投稿しています。

 フォロワーからは「めっちゃ面白い試合でした」「コースセッティング、とても良かったです」「みんな元気いっぱいの笑顔ですね!」「アンバサダーだけじゃなくて、プレーもしてほしいです」「来年も楽しみにしています」などといった声が寄せられています。

宮里藍(みやざと・あい)

1985年6月19日生まれ、沖縄県出身。4歳のときに2人の兄(聖志、優作)に触発され、ゴルフを始める。高校3年の2003年、アマチュアとして出場した「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」で優勝し、史上初の高校生プロゴルファーに。翌年からレギュラーツアーに本格参戦し、同年に5勝を挙げ「藍ちゃん」旋風を巻き起こした。2006年から米国を主戦場とし、2009年「エビアンマスターズ(現・アムンディ・エビアン選手権)」で待望の米ツアー初勝利。翌年には年間5勝を挙げる活躍を演じ、世界ランキング1位も経験。2017年に現役引退を表明。通算勝利は24勝(国内14勝、海外9勝、アマ1勝)。2018年に結婚し、昨年に第1子となる長女を出産した。サントリー所属。

【写真】「みんなの憧れ」宮里藍とフレッシュな若手選手たちの“まぶしい”笑顔
1 2

最新記事