イ・ボミが笑顔の理由…猛暑から守ってくれた“相棒”に感謝のメッセージ

女子プロゴルファーのイ・ボミが自身のインスタグラムを更新。サングラス姿を披露しました。

「オークリーのおかげで目はまもられました」

 元・賞金女王で韓国出身の女子プロゴルファー、イ・ボミが自身のインスタグラムを更新。サングラス姿を披露しました。

イ・ボミのインスタグラム(@bomee.lee)より

 7月3日まで開催されていた国内女子ツアー・資生堂レディスオープンに出場し、通算6アンダーの21位タイで大会を終えたボミ。大会4日間をアンダーパーで回り、最終日は4バーディー、1ボギーの「69」をマークするなど、復調の気配を見せていました。

 投稿には「オークリーのおかげで目はまもられました」とつづられ、サングラスを手に笑みを浮かべている1枚と、実際にサングラスを着用した、りりしい表情の写真をアップしています。

 ファンからは「資生堂おつかれさまでした」「いつ見てもいい笑顔」「かわいすぎる」「調子上がってきましたね」「また応援に行きます!」などの声が寄せられています。

イ・ボミ

1988年8月21日生まれ、韓国出身。2010年に韓国女子ツアー賞金女王となり、11年から日本ツアーに参戦。15年に7勝、16年は5勝して2年連続で賞金女王となる。ツアー通算21勝。2019年12月に俳優イ・ワン氏と結婚。愛称は“スマイル・キャンディ”。延田グループ所属。

【写真】「いつ見てもいい笑顔」 イ・ボミが“サングラス”姿で感謝の思いつづる
1 2

最新記事