手の届く価格なのに高性能! PXGから「0211 XCOR2アイアン」が新登場 | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

手の届く価格なのに高性能! PXGから「0211 XCOR2アイアン」が新登場

PXG Japan合同会社は、アイアンシリーズの最新版「PXG 0211 XCOR2アイアン」を発表しました。8月4日(木)よりPXG Japan公式ウェブサイト、PXG正規販売店にて発売が開始されます。

PXGの本格モデルが1本2万7500円で登場!

 今回登場した「PXG 0211 XCOR2アイアン」は、PXGのフラッグシップモデルである「0311 GEN5 アイアン」の特徴である「XCOR2 テクノロジー」、「パワーチャンネルテクノロジー」、そしてゴルフクラブの中で最も薄いクラブフェースが同じように搭載されています。

様々な技術が惜しみなく注ぎ込まれ、ベストスコアを目指すゴルファーのために作られた「PXG 0211 XCOR2アイアン」
様々な技術が惜しみなく注ぎ込まれ、ベストスコアを目指すゴルファーのために作られた「PXG 0211 XCOR2アイアン」

 素材の専門家との長年にわたるコア共同研究開発の結晶である「XCOR2 テクノロジー」とは、ヘッド内部に軽量のコア素材を注入することで、アイアンを軽く速くするための技術。

 また、「パワーチャンネルテクノロジー」は、フェースの内側に独自のU字形の溝を入れることでたわみを効率化、インパクト時にフェースを真っすぐにする手助けしてくれます。このU字形の溝により、反発係数(COR) が高まり、強力なエネルギーをゴルフボールに移行させることができ、さらに速いボールスピードと長い飛距離を実現しています。

フェースの内側に独自のU字形の溝を入れることでたわみを効率化させた「パワーチャンネルテクノロジー」
フェースの内側に独自のU字形の溝を入れることでたわみを効率化させた「パワーチャンネルテクノロジー」

 フェースは冷間圧延加工と析出硬化処理を組み合わせて製造することで、極薄のフェースを実現しています。前述の「XCOR2 テクノロジー」と「パワーチャンネルテクノロジー」を組み合わせることで、驚異的なパフォーマンスと柔らかい打感を両立。

 PXG創始者兼CEOのボブ・パーソンズは「PXG 0211 XCOR2アイアンは、パフォーマンスを高めるための最高級テクノロジーをとんでもなく良心的な価格で手に入れられるように設計されています。予算が厳しい中で、最良の結果を出したいなら、このアイアンが選ばれるでしょう」と絶賛しています。

【主なスペック】
番手 ロフト角 長さ(インチ)
4  19度   39.375
5  21度   38.75
6  24度   38.125
7  28度   37.5
8  32度   37
9  37度   36.5
W  42度   36.25
G  48度   36
S  54度   35.75
L  60度   35.5

 メーカー希望小売価格は、クローム仕上げが2万3100円(税込み)、エクストリームダーク仕上げが2万7500円(税込み)となります。8月4日(木)より、PXG Japan公式ウェブサイト、PXG正規販売店またはPXG Japanモバイルフィッティングで購入可能です。

この記事の画像一覧へ(11枚)

画像ギャラリー

「PXG 0211 XCOR2アイアン」
「PXG 0211 XCOR2アイアン」
「PXG 0211 XCOR2アイアン」
「PXG 0211 XCOR2アイアン」
「PXG 0211 XCOR2アイアン」
「PXG 0211 XCOR2アイアン」
極薄フェースを採用している「PXG 0211 XCOR2アイアン」
「PXG 0211 XCOR2アイアン」の「XCOR2 テクノロジー」
「PXG 0211 XCOR2アイアン」(エクストリームダーク仕上げ)
様々な技術が惜しみなく注ぎ込まれ、ベストスコアを目指すゴルファーのために作られた「PXG 0211 XCOR2アイアン」
フェースの内側に独自のU字形の溝を入れることでたわみを効率化させた「パワーチャンネルテクノロジー」

最新記事