「えっ、クラブがむき出し!?」東京五輪・銀メダリストのキャディーバッグに世界が興味津々 | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

「えっ、クラブがむき出し!?」東京五輪・銀メダリストのキャディーバッグに世界が興味津々

DPワールドツアー(旧・ヨーロピアンツアー)が公式ツイッターを更新し、東京五輪銀メダリスト、ローリー・サバティーニのユニークなキャディーバッグの写真を投稿しました。

電動の車輪を取り付けると自力で走る

 DPワールドツアー(旧・ヨーロピアンツアー)が公式ツイッターを更新。「Rory Sabbatini’s golf bag this week」と、今週開催の「チェコマスターズ」に出場する東京五輪銀メダリスト、サバティーニのキャディーバッグの写真を投稿すると、そのユニークなルックスに驚きの声が多く寄せられました。

アイアンがむき出しになった今までにない見た目(DPワールドツアー公式ツイッター@DPWorldTourより)
アイアンがむき出しになった今までにない見た目(DPワールドツアー公式ツイッター@DPWorldTourより)

 そこに写っていたのは何とも不思議な造りのキャディーバッグ。アイアンはバッグの中に収まっておらず、ヘッドを下にしてバッグの外側に1本ずつ留め具のようなもので固定されています。要するに“むき出し”の状態。

 キャディーが背負っている写真の他にバッグを立てた写真もアップされていますが、こうして見ると、確かに機能的な構造です。

 通常のキャディーバッグだとクラブをヘッドから引き出して上下を反転しアドレスするという手順になりますが、このバッグはアイアンがはなから下を向いているため、アクションが少なくて済みます。また、バッグの中でシャフトが絡み、出し入れがしづらいということもありません。

 調べてみると、このキャディーバッグは大会が開かれているチェコのGeum Technologyという会社の製品でした。「About us」ではゴルフ用手引き/手押しカートのメーカーを名乗っており、実はくだんのキャディーバッグもカートに乗せるのではなく、車輪を取り付けるだけで2輪の手引きカート、3輪の手押しカートに早変わりするシステムを採用。さらに、電動の車輪を取り付けてリモコン操作で走らせることも可能だということです。

 まさに画期的、機能的な未来のキャディーバッグという感じですが、乗用カートにバッグを積んでプレーすることが多い日本の一般ゴルファーには、そのメリットを享受する場面があまりなさそうなのが残念なところです。

【動画】自走するキャディーバッグ! 主人を先導するワンちゃんみたい
1 2

最新記事