「姫のいる週末最高です」 原英莉花が最終ホールで見せた“渾身の一打”に思わずガッツポーズ

日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式ツイッターが更新され、原英莉花のバーディーパットが動画で公開されました。

「原英莉花が最終ホールでバーディーを獲得」

 日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式ツイッターが更新。原英莉花のバーディーパットが動画で公開されました。

日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)のツイッター(@JLPGA_official)より
日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)のツイッター(@JLPGA_official)より

 9月8日に開幕した国内女子メジャー「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」。原が2日目の9番パー4の第3打で放ったパッティングに注目が集まっています。

「ガッツポーズ」「原英莉花が最終ホールでバーディーを獲得」とつづられ、ツイッターに投稿された動画では、パッティングに挑む原の一打が公開。

 放たれたボールはカップに向かって真っすぐ転がり、見事バーディーを奪取。打球の行方を見守る原は思わず体を曲げ、カップインした瞬間に右腕を何度も振り上げるガッツポーズの瞬間が収められています。

 原は2日目を4バーディー、4ボギーの72で回り、通算1アンダーの43位タイで予選通過を果たしています。

 この投稿にファンからは「これは見事!」「ナイスバーディー!!」「ナイスー!」「姫のいる週末最高です」などの声が寄せられています。

原 英莉花(はら・えりか)

1999年2月15日生まれ、神奈川県出身。2018年プロテスト合格。“黄金世代”の1人として18年から早くもシード獲得し、翌19年には初優勝。20年には日本女子オープン、JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップと公式戦2冠を達成した。NIPPON EXPRESSホールディングス所属。

【動画】「これは見事!」 原英莉花が決めた“バーディーパット”を実際の映像で
1 2

最新記事