初優勝の19歳・尾関彩美悠が共に戦ったキャディーへ“まさかの”メッセージ 「#そろそろ泣きやんでくださいね」 | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

初優勝の19歳・尾関彩美悠が共に戦ったキャディーへ“まさかの”メッセージ 「#そろそろ泣きやんでくださいね」

女子プロゴルファーの尾関彩美悠が自身のインスタグラムを更新。キャディーとの2ショット写真を公開しました。

「お笑いキャディーですね笑」

 女子プロゴルファーの尾関彩美悠が自身のインスタグラムを更新し、プロキャディー・栗永遼との2ショット写真を公開しました。

尾関彩美悠のインスタグラム(z.amiyu616)より
尾関彩美悠のインスタグラム(z.amiyu616)より

 9月18日に最終ラウンドが行われた国内女子ツアー「住友生命Vitalityレディス 東海クラシック」で、首位から出た尾関が激戦の末、通算13アンダーでツアー初優勝。

 前週の「日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯」を制した川崎春花に続き、昨年のプロテストに合格したばかりのルーキーが優勝を手にしました。

 そんな中、自身のインスタでは、今大会でキャディーを務めた栗永との2ショット写真を公開し、「初タッグから一緒に優勝したいと言ってくれて現実にできてよかったです!」と感謝の思いをコメント。

 続けて「それより泣きすぎです」「本当に最後まで笑かせてくれて。お笑いキャディーですね笑」と、優勝の瞬間に涙を流した栗永へ、ユーモアたっぷりのメッセージを送っています。

 最後に「#凸凹コンビでこれからも!」「#3週間ありがとうございました」「#そろそろ泣きやんでくださいね」とハッシュタグを添え、投稿を締めくくっています。

 ファンからは「名コンビになってください」「渋野先輩に負けないように」「栗永さんの男泣きステキでした」「最高のペアです」「めっちゃ感動しました」などのコメントが寄せられています。

尾関 彩美悠(おぜき・あみゆ)

2003年6月16日生まれ、岡山県出身。渋野日向子の母校として知られる岡山県作陽高等学校出身で、21年の日本女子アマチュアゴルフ選手権を制覇し、同年11月のプロテストにトップ合格。QTランキング58位と出場機会が限られていた中、住友生命Vitalityレディス 東海クラシックで初優勝を遂げた。

【動画】キャディーの目に涙…尾関彩美悠“勝利の瞬間”を実際の映像で

1 2 3

最新記事