渋野日向子&笹生優花、思わず“素”が出る2人の会話に「こんなキャラなんだ笑」と驚くファン続出

プロゴルファーの渋野日向子がYouTubeチャンネルを更新。笹生優花との2ショットトークが公開されました。

「試合直後のまったりトーク」

 女子プロゴルファーの渋野日向子がYouTubeチャンネルを更新し、笹生優花との2ショットトークを公開しました。

渋野日向子のYouTubeチャンネルより
渋野日向子のYouTubeチャンネルより

 10月6日から9日まで開催された米国女子ツアー「LPGAメディヒール選手権」。同大会に出場した渋野は通算10アンダーの8位タイ、笹生は通算14アンダーの単独2位で、4日間の戦いを終えました。

 そんな中、渋野のYouTubeには「試合直後のまったりトーク LPGAメディヒール選手権」というタイトルで動画が投稿され、白いシャツに黒のパンツを合わせた、おそろいコーデの2人が登場。

 先を歩く笹生に、渋野が「ねぇねぇ行かないで行かないで」と呼び止める、ほほ笑ましいやりとりから動画はスタート。

 途中、「どっちの方が身長が高い?」と背比べをする姿や、大会最終日を同組で回ったラウンド中の会話、プレーの振り返りなどが語られています。

 また、普段ラウンド中はあまり会話をしないという笹生が「渋野さんだからしゃべる」「楽しかったですね」と明かし、渋野も「めちゃくちゃ楽しかった」と話す場面も。

 試合直後にもかかわらず、終始和気あいあいとした雰囲気で、2人の仲むつまじい姿が、およそ5分の動画に収められています。

 この投稿にファンからは「この動画最高です」「仲良し姉妹」「上位争いしてた試合直後の雰囲気じゃないw」「この会話で大好きになってもた!!」「かわいすぎるやろ」などのコメントが寄せられています。

渋野 日向子(しぶの・ひなこ)

1998年生まれ、岡山県出身。2019年のAIG全英女子オープンでメジャー初制覇。同年は国内ツアーでも4勝をマークし、賞金ランキング2位と躍進した。2020-21シーズンは、日本ツアーで2勝。同年に米国女子ツアーのファイナルQTを20位で突破し、今季から米ツアーを主戦場に戦う。国内6勝、海外1勝。サントリー所属。

笹生 優花(さそう・ゆうか)

2001年6月20日生まれ。フィリピンで生まれ、8歳からゴルフを始めた。18年のアジア競技大会や2019年の女子ジュニアPGA選手権で注目を集め、同年11月にプロ転向。21年からLPGAツアーに参戦し、6月の全米女子オープンで優勝、メジャー制覇とともにLPGAツアー初優勝を飾った。同年の東京オリンピックではフィリピン代表として出場したが、11月に日本国籍を選択した。

【動画】「この会話で大好きになってもた!!」 渋野日向子&笹生優花の軽快なトークがアップされた実際の動画
1 2

最新記事