稲見萌寧&小祝さくら&吉田優利らが選んだ“今年の漢字” 「苦」「愛」「変」…個性豊かな回答に注目集まる

日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式インスタグラムが更新。稲見萌寧、小祝さくら、吉田優利らが「今年の漢字」を明かしました。

3連覇を逃したJLPGAチームは2位でフィニッシュ 写真:Getty Images
3連覇を逃したJLPGAチームは2位でフィニッシュ 写真:Getty Images

 日本プロゴルフ協会(PGA)、日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)、日本ゴルフツアー機構(JGTO)の国内3ツアーによる対抗戦「Hitachi 3Tours Championship」が12月11日に開催。

 3連覇を狙ったJLPGAチームは、惜しくも優勝を逃し2位でフィニッシュ。大会はJGTOチームの優勝で幕を閉じ、MVPには今季の男子賞金王に輝いた比嘉一貴が選ばれました。

 そんな中、12日の「漢字の日」にちなんで、JLPGAのインスタでは「選手たちが選ぶ#今年の漢字は?」と、8人の選手がインタビューに応じる2つの動画が公開。

 最初に登場した今季の年間女王・山下美夢有は、感謝の意味を込めて「感」を挙げ、「たくさんの方に支えてもらった」と1年を振り返りました。

 続いて、「苦しい試合が多かったので…」と語った稲見が選んだのは「苦」の字。さらに、菅沼菜々は「たくさんの方に愛のある応援を頂きました」と「愛」を選び、「来年はそれを優勝に変えてお届けできるように頑張ります」と意気込みを語りました。

 また、次の動画に登場した小祝が挙げた漢字は「楽」。「楽しくゴルフをすることができた」と理由を明かし、さらに「今ゴルフができているうれしさを、かみしめてできた1年だった」と語っています。

 最後に登場した吉田は「前」を選出。「今年は前向きに物事を捉えることを意識した」「自分が日々、前進できるように考えた時間が多かった」と理由を語り、カメラに向かって満面の笑みを浮かべ、動画が締めくくられています。

 そのほか、菊地絵理香は「変」、堀琴音は「学」、藤田さいきは「優」の漢字を挙げるインタビューの様子がアップ。

 これらの投稿にファンからは「皆さんの思いが表れてますね」「素晴らしいゴルフを見させてくれてありがとうございます」「来シーズンも頑張ってください」などの声が寄せられています。

【動画】超貴重な“ドレスアップ”姿で「今年の漢字」を語る山下美夢有&稲見萌寧&菊地絵理香&菅沼菜々 実際の映像
1 2 3

最新記事