わずかなオフセットで打ちやすさ倍増!? プロギア「Silver-Blade Centered」パターが3つのヘッド形状で登場

プロギアは、「Silver-Blade(シルバー・ブレード)」パターシリーズで、オフセットしたセンターシャフトが特長の「Silver-Blade Centered(シルバー・ブレード センタード)」を4月14日から発売すると発表しました。

わずかにオフセットした設計が使いやすい

 プロギアは、パター「Silver-Blade(シルバー・ブレード)」シリーズのオフセットしたセンターシャフトが特長の「Silver-Blade Centered(シルバー・ブレード センタード)」を4月14日から発売すると発表しました。

 ヘッド形状はブレード型「01OS」、マレット型「03OS」、大型マレット型「05OS」の3種で、長さはそれぞれ33インチと34インチをラインアップします。価格はオープン。

左から「01OS」、「03OS」、「05OS」
左から「01OS」、「03OS」、「05OS」

「シルバー・ブレード センタード」は、一般的なセンターシャフトに比べ、わずかにオフセットした設計になっています。そうすることで、フェースがスクエアの状態でインパクトを迎えるため、ボールの捕まりがよく右へ押し出すミスを軽減します。

 また、従来モデル同様のブレード(アルミ)とボディー(ステンレス)に比重の異なる素材を使用した「シルバー・ブレード構造」による深重心、高慣性モーメント設計で、センターシャフトのデメリットである芯を外した時のブレやすさを解消します。

 さらに、シルバー(ブレード)とブラック(ボディー)のコントラストによるアライメント効果で、これまで以上に構えやすいセンターシャフトになっています。

 最適な操作性、フィーリングが得られるようヘッド形状別に質量を設定しているほか、従来よりも軟らかく心地よい打感を生む新開発の「ファインミーリングフェース」を採用することで、センターシャフトユーザーが重視する操作性と繊細なタッチを実現しています。

【Silver-Blade Centered(シルバー・ブレード センタード)の主なスペック】
ロフト:3度
フェースプログレッション:3.0(01OSと03OS)、3.5(05OS)
ライ:70度
長さ:33、34インチ
総重量: 561グラム(01OS、33インチの場合)、566グラム(01OS、34インチの場合)
フェース素材:アルミ、削り出し(CNC加工)
ボディー素材:ステンレス、精密鋳造・削り出し(CNC加工)
希望小売価格:オープン

わずかにオフセットした設計の「シルバー・ブレード センタード」を様々な角度から

画像ギャラリー

プロギア シルバー・ブレード センタード 01OS
プロギア シルバー・ブレード センタード 01OS
プロギア シルバー・ブレード センタード 03OS
プロギア シルバー・ブレード センタード 03OS
プロギア シルバー・ブレード センタード 05OS
プロギア シルバー・ブレード センタード 05OS
プロギア シルバー・ブレード センタード 05OS
プロギア シルバー・ブレード センタード 05OS
左から「01OS」、「03OS」、「05OS」

最新記事