想定外の回答…小祝さくらが明かした現在の“生きがい”とは? 侍ジャパンの個人的名場面も告白

日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式ツイッターが更新。小祝さくらがインタビューに応じる姿が動画で公開されました。

「宮崎県で試合するの毎年楽しみにしていて…」

◆国内女子プロゴルフ<アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI 3月24~26日 UMKカントリークラブ(宮崎県) 6565ヤード・パー72>

 日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式ツイッターが更新され、小祝さくらがインタビューに応じる姿が動画で公開されました。

ツアー9勝目の期待がかかる小祝さくら 写真:Getty Images
ツアー9勝目の期待がかかる小祝さくら 写真:Getty Images

 3月24日に開幕した国内女子ツアー「アクサレディスゴルフトーナメント」。小祝は初日を吉本ひかる、吉田優利と同組で回り、昨年の「スタンレーレディスホンダゴルフトーナメント」以来となるツアー9勝目の期待がかかります。

 そんな中、大会前日の23日にアップされたJLPGAの公式ツイッターに小祝が登場。初めに、日本時間の22日に行われたWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)決勝について質問が飛ぶと、試合中は練習ラウンドを行っていたこともあり「最後の優勝シーンしか見られなくて…」と明かした小祝。

 それでも、速報を常にチェックしながら試合の動向を気にしていたという小祝は、侍ジャパンの快挙について「感動しました」と語り、印象に残っているシーンは8回ウラのダルビッシュ有選手が登板した場面を挙げ、「1点差まで詰められてハラハラした」「スポーツって面白い」などとコメントしました。

 また、自身の現在の状態について、練習ラウンドでは「ショットが思い通りに打てなかったので修正したい」「パター勝負になってくるのかな」と明かした小祝。

 さらに、今大会への意気込みを求められると「宮崎県で試合するの毎年楽しみにしていて…」と話し始め、その理由について「食べ物がまずおいしいので」「最近は食べ物を生きがいに生きていて…」とまさかの告白。

 続けて笑みを浮かべながら「モチベーションが食べ物」と明かし、最後に「ご飯もおいしいのがいっぱいあるので、パワーつけて試合頑張りたいと思います」と意気込みを語る小祝の姿が、およそ2分の動画に収められています。

小祝 さくら(こいわい・さくら)

1998年4月15日生まれ、北海道出身。98年度生まれの“黄金世代”の1人として2017年にプロ入り。19年サマンサタバサガールズコレクション・レディースで初優勝。22年シーズンは2勝を挙げて、メルセデスランキング7位に。ニトリ所属。

【動画】斜め上の回答…小祝さくらの“生きがい”が明かされた実際の映像
1 2

最新記事