いざ開幕! 松山英樹が比嘉一貴との“マスターズ”オフショット披露 「今からドキドキ」と期待高まる

プロゴルファーの松山英樹が自身のインスタグラムを更新。比嘉一貴と練習ラウンドを行ったことを明かしました。

日本時間の6日夜から「マスターズ」開幕

◆米国男子プロゴルフ<マスターズ 4月6~9日 オーガスタナショナルGC(ジョージア州) 7475ヤード・パー72>

 男子プロゴルファーの松山英樹が自身のインスタグラムを更新し、比嘉一貴と練習ラウンドを行ったことを明かしました。

松山英樹のインスタグラム(@hideki.matsuyama_official)より
松山英樹のインスタグラム(@hideki.matsuyama_official)より

 日本時間の6日夜から行われる米男子ゴルフの今季メジャー初戦「マスターズ」。2年ぶり2度目の優勝を狙う松山は、開幕を前に自身のインスタグラムで2枚の写真を投稿。

 そこには「Practice round with my college junior colleague Kazuki Higa!」と英語でつづられたコメントとともに、マスターズに初出場する東北福祉大学の後輩・比嘉との2ショット写真がアップされ、2人で練習ラウンドを回った様子が公開されました。

 投稿にはさらに、比嘉とそれぞれのキャディーを加えた松山の自撮りによる4人の写真もアップ。リラックスした雰囲気で練習ラウンドを回ったようで、カメラに向かって笑みを浮かべている貴重な姿が披露されています。

 松山はイム・ソンジェ(韓国)、キャメロン・スミス(オーストラリア)、比嘉はキース・ミッチェル(米国)、セルヒオ・ガルシア(スペイン)とそれぞれ同組で初日をスタート。

 この投稿にファンからは「今からドキドキ」「今年も開幕ですね」「お二人に幸せが訪れますように」「もう一度優勝お願いします」「日本から応援してます」などのコメントが寄せられています。

松山 英樹(まつやま・ひでき)

1992年2月25日生まれ、愛媛県出身。2013年にプロ転向し、同年は4勝を挙げてツアー初のルーキー賞金王に。14年から米ツアーを主戦場に戦い、21年のマスターズで日本人男子初の4大メジャー制覇を達成。同年は日本開催のZOZOチャンピオンシップを制し、22年ソニー・オープンでアジア勢最多タイのPGAツアー8勝をマーク。日本ツアー8勝、PGAツアー8勝。レクサス所属。

【別カットあり】松山英樹&比嘉一貴“マスターズ”2ショットがアップされた実際の投稿 「もう一度優勝お願いします」
1 2

最新記事