クセがなく飛ぶ!? 三菱ケミカル「TENSEI Pro Blue 1K」を編集部員が打ってみた

三菱ケミカルは「TENSEI Pro Blue 1K」シリーズを7月14日に発売すると発表しました。

スピン量が抑えられて飛距離が伸びた

 海外メジャーチャンピオンをはじめとする多くのトッププレーヤーに支持されてきたTENSEIブランドから日本では初登場となるブルーが7月14日に発売されます。

14種類のスペックが用意されている「TENSEI Pro Blue 1K」 写真:Getty Images
14種類のスペックが用意されている「TENSEI Pro Blue 1K」 写真:Getty Images

 今作はカーボンケブラークロスをベースに、三菱ケミカルが独自に開発した1K(ワンケー)クロスを搭載、クセのない全体しなりを特徴とするシャフトです。

 適正な打ち出し角とスピン量であらゆるシチュエーションでハイパフォーマンスを実現。長尺クラブのセッティングにも最適な50グラム台など、スペックバリエーションを豊富に取りそろえていて、TENSEIブランドにおいても幅広いゴルファーに最適な重量、硬さの選択肢を提供しています。

 実際に打ってみると、まず「振りやすさ」に驚きました。全体的にシャフトがしなってくれるので、特にスイングを変えなくてもすんなりナイスショットを打つことができました。

 さらに、普段は強めのフェード(というかスライス)が持ち球の筆者ですが、「テンセイブルー」では余計なスピンが減っているように感じられました。ムダに吹き上がることもないので、しっかりとキャリーを稼ぐことができました。

 最軽量の50グラム台から「TX」フレックスも用意されていて、どんなタイプのゴルファーにもピッタリなスペックが見つけられそうです。

【TENSEI Pro Blue 1K スペック】
フレックス 重量 トルク
50-R  52グラム 4.9
50-S  54グラム 4.8
50-X  54グラム 4.8
50-TX  56.5グラム 4.8
60-R  59グラム 4.0
60-S  61グラム 3.9
60-X  63グラム 3.9
60-TX  64.5グラム 3.9
70-S  68.5グラム 3.4
70-X  72.5グラム 3.3
70-TX  74.5グラム 3.3
80-S  80グラム 3.0
80-X  82グラム 3.0
80-TX  84グラム 2.9

シャフト本体価格:5万5000円(税込み)

【写真】「テンセイブルー」は何に合わせる? 最新売れ筋ドライバーランキング(有賀園ゴルフ調べ)

画像ギャラリー

2023年4月の売れ筋ドライバー第1位 ステルス2 ドライバー(テーラーメイド ゴルフ)
2023年4月の売れ筋ドライバー第2位 G430 MAX ドライバー(ピンゴルフジャパン)
2023年4月の売れ筋ドライバー第3位 パラダイム ドライバー(キャロウェイゴルフ)
2023年4月の売れ筋ドライバー第4位 ステルス2 HD ドライバー(テーラーメイド ゴルフ)
2023年4月の売れ筋ドライバー第5位 パラダイム X ドライバー(キャロウェイゴルフ)
14種類のスペックが用意されている「TENSEI Pro Blue 1K」 写真:Getty Images

最新記事