スライサーなのに突然の“チーピン”! お腹の向きだけですぐに直す方法 | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

スライサーなのに突然の“チーピン”! お腹の向きだけですぐに直す方法

普段スライスが出るのに、左への引っかけショットが出たことってありませんか? ツアープロコーチの大西翔太によれば、その原因はお腹にあると言います。一体、どういうことでしょうか?

  • /wp-content/uploads/2021/10/DSC_1803-2-1024x683.jpg
    右腰から左腰の振り幅でボールを30球打つ。自然とお腹が回るようになる
  • /wp-content/uploads/2021/10/DSC_1797-2-1024x683.jpg
    アドレスのときに左ワキに当てたクラブがあることで、自然とお腹と手元が連動するので、手打ちを防げる
  • /wp-content/uploads/2021/10/DSC_1799-2-1024x683.jpg
    アドレスのときに左ワキに当てたクラブがあることで、自然とお腹と手元が連動するので、手打ちを防げる
  • /wp-content/uploads/2021/10/DSC_1801-2-1024x683.jpg
    アドレスのときに左ワキに当てたクラブがあることで、自然とお腹と手元が連動するので、手打ちを防げる
  • /wp-content/uploads/2021/10/DSC_1804-2-1024x683.jpg
    アドレスのときに左ワキに当てたクラブがあることで、自然とお腹と手元が連動するので、手打ちを防げる
  • /wp-content/uploads/2021/10/DSC_1738-2-1024x683.jpg
    体の動きが止まると手打ちになり、フェースが閉じるのがチーピンの原因。右手が手のひら側に折れた招き猫の形になる
  • /wp-content/uploads/2021/10/DSC_1751-2-1024x683.jpg
    インパクト以降はお腹と手元が一緒に動くとチーピンは防げる
  • /wp-content/uploads/2021/10/DSC_1769-2-1024x683.jpg
    ドライバーと一緒に別のクラブやスティックを一緒に持って構える。このとき、左ワキ腹にシャフトやスティックが当たるようにすること

この画像の記事を読む

  • /wp-content/uploads/2021/10/DSC_1803-2-1024x683.jpg
  • /wp-content/uploads/2021/10/DSC_1797-2-1024x683.jpg
  • /wp-content/uploads/2021/10/DSC_1799-2-1024x683.jpg
  • /wp-content/uploads/2021/10/DSC_1801-2-1024x683.jpg
  • /wp-content/uploads/2021/10/DSC_1804-2-1024x683.jpg
  • /wp-content/uploads/2021/10/DSC_1738-2-1024x683.jpg
  • /wp-content/uploads/2021/10/DSC_1751-2-1024x683.jpg
  • /wp-content/uploads/2021/10/DSC_1769-2-1024x683.jpg

最新記事