そもそもなぜサンドウェッジはバンカーから球を出しやすいのか?

ゴルフプレー中の最大の難所といっても過言ではないバンカー。一度ハマってしまうと、慣れるまでなかなか抜け出せないものです。そんなバンカーから出しやすいウェッジとは、どのようなものなのでしょうか?

  • /wp-content/uploads/2021/10/01-2-1-1024x683.jpg
    絶対にダフらないと評判のウェッジ、フォーティーン「TK40」
  • /wp-content/uploads/2021/10/04-2-1024x683.jpg
    少しグース多めながら、ヘッドの形状はキレイでラインを出しやすい
  • /wp-content/uploads/2021/10/03-2-1-1024x683.jpg
    どれだけハンドファーストにかまえてもリーディングエッジが刺さることがない
  • /wp-content/uploads/2021/10/02-2-1-1024x683.jpg
    ソールは広くなくて、かなり丸くなっている
  • /wp-content/uploads/2021/10/05-2-1024x683.jpg
    少しボールの後ろにヘッドが落ちても刺さることはなく、ソールが滑ってくれるのでザックリにはなりません
  • /wp-content/uploads/2021/10/sand01-1024x683.jpg
    初心者向けのサンドウェッジは特に砂に潜りにくくできている
  • /wp-content/uploads/2021/10/sand02-1024x683.jpg
    バウンス=ソールの盛り上がりがあることで砂に潜りにくくなる

この画像の記事を読む

  • /wp-content/uploads/2021/10/01-2-1-1024x683.jpg
  • /wp-content/uploads/2021/10/04-2-1024x683.jpg
  • /wp-content/uploads/2021/10/03-2-1-1024x683.jpg
  • /wp-content/uploads/2021/10/02-2-1-1024x683.jpg
  • /wp-content/uploads/2021/10/05-2-1024x683.jpg
  • /wp-content/uploads/2021/10/sand01-1024x683.jpg
  • /wp-content/uploads/2021/10/sand02-1024x683.jpg

最新記事