思うようにパターが打てない人が採用すべきアドレスとは

ドライバーやフェアウェイウッドをうまく打てなくても、パターなら確実にボールを狙った方向に打てると思っている人は多い。ところが、いざグリーン上でストロークすると、パターほど難しいクラブはないと実感します。そんな人は大西翔太流の「アドレス」を採用してみてください。

  • /wp-content/uploads/2021/11/DSC_2218-2-1024x683.jpg
    パターを下から握ったら、左右の親指をグリップの真上に乗せる
  • /wp-content/uploads/2021/11/DSC_2220-2-1024x683.jpg
    上から押さえつけるように握るのはNG
  • /wp-content/uploads/2021/11/DSC_2306-2-1024x683.jpg
    ストローク中は腹筋に力を入れておくと体全体をスムーズに動かしやすい
  • /wp-content/uploads/2021/11/DSC_2310-2-1024x683.jpg
    ストローク中は腹筋に力を入れておくと体全体をスムーズに動かしやすい
  • /wp-content/uploads/2021/11/DSC_2313-2-1024x683.jpg
    ストローク中は腹筋に力を入れておくと体全体をスムーズに動かしやすい
  • /wp-content/uploads/2021/11/DSC_2315-2-1024x683.jpg
    ストローク中は腹筋に力を入れておくと体全体をスムーズに動かしやすい
  • /wp-content/uploads/2021/11/DSC_2206-2-1024x683.jpg
    左腕にパターのグリップ部分が隠れるように握る
  • /wp-content/uploads/2021/11/DSC_2233-2-1024x683.jpg
    目標方向から見て、肩、ヒジ、手首、親指、シャフトが一直線になるように構える
  • /wp-content/uploads/2021/11/DSC_2258-2-1024x683.jpg
    トゥの先にクラブやスティックを置いたら、そこからトゥが徐々に離れていくようにテークバックを行う

この画像の記事を読む

  • /wp-content/uploads/2021/11/DSC_2218-2-1024x683.jpg
  • /wp-content/uploads/2021/11/DSC_2220-2-1024x683.jpg
  • /wp-content/uploads/2021/11/DSC_2306-2-1024x683.jpg
  • /wp-content/uploads/2021/11/DSC_2310-2-1024x683.jpg
  • /wp-content/uploads/2021/11/DSC_2313-2-1024x683.jpg
  • /wp-content/uploads/2021/11/DSC_2315-2-1024x683.jpg
  • /wp-content/uploads/2021/11/DSC_2206-2-1024x683.jpg
  • /wp-content/uploads/2021/11/DSC_2233-2-1024x683.jpg
  • /wp-content/uploads/2021/11/DSC_2258-2-1024x683.jpg

最新記事