練習場での正しいアドレスの作り方 ドライバー編【練習しても上達しないビギナー向け】

アマチュアにとって思い通りに操れないのがドライバー。気持ちよく真っすぐ飛んでくれることもあるが、大半は右や左へ大きく曲がってしまいます。実は、その原因はアドレスの手順にあると高久あずさプロは指摘します。最初にクラブフェースを合わせてはいけない理由とは?

  • /wp-content/uploads/2022/01/E25W3453-2-1024x683.jpg
    両足を閉じた状態で真ん中にボールをセットする
  • /wp-content/uploads/2022/01/E25W3456-2-1024x683.jpg
    左足をヘッド1個ぶん左に移す
  • /wp-content/uploads/2022/01/E25W3458-2-1024x683.jpg
    右足を開いて、スタンス幅を肩幅よりも少し広くする
  • /wp-content/uploads/2022/01/E25W3437-2-1024x683.jpg
    両目の間にシャフトを持ってきて、軸となる背骨を真っすぐな状態にする
  • /wp-content/uploads/2022/01/E25W3439-2-1024x683.jpg
    地面にヘッドを下ろす
  • /wp-content/uploads/2022/01/E25W3441-2-1-1024x683.jpg
    右足に体重の6割を乗せ、ヘッドをボールの横に平行移動して終了
  • /wp-content/uploads/2022/01/E25W3473-2-1024x683.jpg
    シャフトが両目の真ん中に来ると背筋も真っすぐになる。ここがアドレスのキモになる
  • /wp-content/uploads/2022/01/E25W3463-2-1024x683.jpg
    左足内側の延長線上に置いたボールに対していきなりヘッドを合わせると、右肩、右ヒジが前に出た構えになる

この画像の記事を読む

  • /wp-content/uploads/2022/01/E25W3453-2-1024x683.jpg
  • /wp-content/uploads/2022/01/E25W3456-2-1024x683.jpg
  • /wp-content/uploads/2022/01/E25W3458-2-1024x683.jpg
  • /wp-content/uploads/2022/01/E25W3437-2-1024x683.jpg
  • /wp-content/uploads/2022/01/E25W3439-2-1024x683.jpg
  • /wp-content/uploads/2022/01/E25W3441-2-1-1024x683.jpg
  • /wp-content/uploads/2022/01/E25W3473-2-1024x683.jpg
  • /wp-content/uploads/2022/01/E25W3463-2-1024x683.jpg

最新記事