命に関わる場合も!ラウンド中の「打ち込み」をしない、させない工夫とは?

楽しくラウンドしていて、不意に後ろの組のプレーヤーが打ったボールが自分たちの近くに着弾。これは「打ち込み」と呼ばれる危険行為。当たり所によっては命に関わるだけに、打ち込むことも、打ち込まれることも絶対に避けたいところです。

  • /wp-content/uploads/2022/01/03-2-1024x683.jpg
    クラブを使って曲がった方向を指し示すのもカッコいい
  • /wp-content/uploads/2022/01/01-2-1024x683.jpg
    曲がった方向の腕を上げて「ファー!」と少し長めに発声するとカッコいい
  • /wp-content/uploads/2022/01/02-2-1024x683.jpg
    へっぴり腰でも構わないが、「カッコいいファー!」とはいえない
  • /wp-content/uploads/2022/01/23106613_l-2-1024x683.jpg
    ブラインドホールでは前の組がセカンド地点を離れたか否かが分かる信号機が設置されている場合も 写真:AC

この画像の記事を読む

  • /wp-content/uploads/2022/01/03-2-1024x683.jpg
  • /wp-content/uploads/2022/01/01-2-1024x683.jpg
  • /wp-content/uploads/2022/01/02-2-1024x683.jpg
  • /wp-content/uploads/2022/01/23106613_l-2-1024x683.jpg

最新記事