米ツアー挑戦表明の稲見萌寧が前半終了 首位と2打差3アンダー・8位タイの好スタート

国内女子プロゴルフの伊藤園レディスが今日開幕。前日、来季の米女子ツアー挑戦を表明した稲見萌寧(いなみ・もね)が前半の9ホールを終了。4バーディー、1ボギーの3アンダーで回り、8タイと好スタートを切っている。首位は14ホールを終了して7アンダーで回の三ヶ島かな(みかしま・かな)。

4番から4連続バーディーを奪う

◆国内女子プロゴルフ<伊藤園レディス 11月10~12日 グレートアイランド倶楽部(千葉県) 6741ヤード・パー72>

 小雨が降るなかにもかかわらず、大勢のギャラリーを集めた稲見萌寧、原英莉花、岩井明愛の注目組。スタートの1番パー4でいきなり岩井が2.5メートルのバーディーパットを沈めると、原も1メートルを入れ返す。続く2番パー4ではまたしても岩井が約5メートルを沈めて連続バーディーを奪った。

2週連続優勝に向けて、まずまずの滑り出しを見せた稲見萌寧(写真はTOTOジャパンクラシック) 写真:GettyImages
2週連続優勝に向けて、まずまずの滑り出しを見せた稲見萌寧(写真はTOTOジャパンクラシック) 写真:GettyImages

 一方、3番まではパーが続いた稲見だが、4番パー4で第2打をピン左1.5メートルにつけ、それを沈めるとエンジンがかかったかのように、7番まで4連続バーディーを奪い、一気に3位タイに浮上する。

 ところが、8番パー4に落とし穴が待っていた。グリーン手前からのアプローチをピン手前約1メートルに寄せながら、それを外してボギーを叩く。結局、前半のハーフを4バーディー、1ボギーの33で終え、3アンダー・8位タイで後半戦に臨む。

 順調な滑り出しを見せた岩井と原だが、そのまま波に乗ったのは岩井のほう。岩井は5、6番でも連続バーディーを奪い、さらには9番パー4でもバーディー。結局、5バーディー、ノーボギーの5アンダー・3位タイで前半をターン。原は2バーディー、2ボギーのパープレーで9ホールを終えた。

 混戦のなか首位に躍り出たのが、三ヶ島かな。前半回ったインコースで6バーディー、1ボギーの31を叩き出すと、後半の3番、5番と2つのパー5でもバーディーを奪い、7アンダーで首位を快走する。

 その三ヶ島を追うのが6アンダー・2位の鶴岡果恋、5アンダー・3位の岩井、後藤未有、若林舞衣子。現在、メルセデス・ランキングのトップに立つ山下美夢有は、9番を終了して2バーディー、1ボギーの1アンダーで35位タイにつけている。

稲見 萌寧(いなみ・もね)

1999年7月29日生まれ、東京都出身。2020-21シーズンは9勝を挙げ、見事賞金ランキング1位に輝く。さらに、東京五輪では銀メダルを獲得した。22年は「リシャール・ミル ヨネックスレディスゴルフトーナメント」「ニトリレディスゴルフトーナメント」で優勝を手にした。23年日米共催の「TOTOジャパンクラシック」で米ツアー初優勝。通算13勝。Rakuten所属。

【動画】「えっ!! そっちに打つの!?」 稲見萌寧の傾斜を読み切った“精密”アプローチ

【写真】今季は7人の日本人選手が奮闘! シーズンも残りわずか…米国女子ポイントランキング 日本勢の順位は?

画像ギャラリー

10位 古江彩佳(1751.275) 兵庫県出身 写真:Getty Images
16位 笹生優花(1452.379) 東京都出身 写真:Getty Images
17位 畑岡奈紗(1410.098) 茨城県出身 写真:Getty Images
48位 西村優菜(637.384) 大阪府出身 写真:Getty Images
78位 勝みなみ(374.030) 鹿児島県出身 写真:Getty Images
81位 渋野日向子(349.827) 岡山県出身 写真:Getty Images
138位 野村敏京(92.937) 神奈川県出身 写真:Getty Images
「TOTOジャパンクラシック」優勝で手にした権利を行使し、来季の米女子ツアー参戦を表明した稲見萌寧 写真:Getty Images
2週連続優勝に向けて、まずまずの滑り出しを見せた稲見萌寧(写真はTOTOジャパンクラシック) 写真:GettyImages
1 2

最新記事