新垣比菜ら3人がトップタイ発進 アン・シネはトップに1打差の4位タイ【女子ゴルフQTファイナル初日】 | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

新垣比菜ら3人がトップタイ発進 アン・シネはトップに1打差の4位タイ【女子ゴルフQTファイナル初日】

来季の国内女子ツアー出場権をかけたQTファイナルステージが28日に開幕した。初日を終えてが菅楓華(すが・ふうか)、藤田かれん(ふじた・かれん)、新垣比菜(あらかき・ひな)が4アンダーで首位タイ。佐藤靖子(さとう・やすこ)と“セクシークイーン”ことアン・シネが3アンダーの4位タイでフィニッシュした。

QT参戦を迷っていた渡邉彩香「結局はゴルフが好き」

◆国内女子プロゴルフ<QTファイナルステージ 11月28日~12月1日 葛城ゴルフ倶楽部 宇刈コース(静岡県) 6421ヤード・パー72>

 来季の国内女子ツアー出場権をかけたQTファイナルステージが28日から開幕した。今年はファーストステージ上位進出者、ポイントランキングでのシード権喪失者、同ランキング56~70位までの選手、ステップ・アップ・ツアー優勝者、プロテスト1位合格者など104選手が出場した。

 初日を終えて菅楓華、藤田かれん、新垣比菜が4アンダーで首位タイ。佐藤靖子とセクシークイーンことアン・シネが3アンダーの4位タイでフィニッシュした。

QT出場を直前で決断した渡邉彩香は首位と3打差の好位置で初日を終えた 写真:Getty Images
QT出場を直前で決断した渡邉彩香は首位と3打差の好位置で初日を終えた 写真:Getty Images

 ポイントランキング55位以下でシードを落とした渡邉彩香は1アンダーの19位タイ、金田久美子はイーブンパーの26位タイ、複数年シードを保持もQTに挑戦した三ヶ島かなは1オーバーの38位タイで初日を終えた。

 渡邉は長年バッグをかついでもらっていた専属キャディと今季限りでタッグを解消しQT出場を迷っていたが、参戦を決意。

 その理由について「(今季最終戦となった)大王製紙エリエールレディスの時はやり切った気持ちがあったのですが、色々と落ち着いて考えた結果、もしかしたらまだできることがあるかもしれないなって思いました。結局は自分が好きなゴルフをやりに来ました」と心境を明かした。

 また、プロテストトップ合格の18歳清本美波は1オーバーの38位タイ、ツアー優勝経験者の横峯さくら、藤田光里、木戸愛、比嘉真美子は3オーバーの67位タイと出遅れた。

 昨年実績で35位前後が来季前半戦(第1回リランキングまで)の出場権が得られる見込みだ。

【写真】大王製紙エリエールレディスで確定 主なシード喪失選手

画像ギャラリー

51位 堀琴音 写真:GettyImages
62位 サイ・ペイイン 写真:GettyImages
64位 金田久美子 写真:GettyImages
66位 三ヶ島かな 写真:GettyImages
71位 渡邉彩香 写真:GettyImages
73位 セキ・ユウティン 写真:GettyImages
86位 大里桃子 写真:GettyImages
QT出場を直前で決断した渡邉彩香は首位と3打差の好位置で初日を終えた 写真:Getty Images

最新記事