“5浪”での合格から新人戦優勝の高木優奈 お気に入りのクラブに代わり“昇格”した新作はどれ? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

“5浪”での合格から新人戦優勝の高木優奈 お気に入りのクラブに代わり“昇格”した新作はどれ?

プロテストに合格したばかりの選手が出場する「JLPGA新人戦 加賀電子カップ」。今年の優勝者は6回目の挑戦でプロテストに合格した高木優奈でした。そのセッティングを調べると、迷った末に投入した新モデルが貢献していたことが分かりました。

「22年モデルのクラブはすごく気に入っています」と語っていたが…

 日本女子プロゴルフ協会のプロテストに合格したばかりの選手が出場する「JLPGA新人戦 加賀電子カップ」。毎年恒例の試合で、歴代の優勝者には不動裕理、上田桃子、横峯さくら、原英莉花など、その後トップ選手となった名前が並びます。今年の優勝者は6回目の挑戦でプロテストに合格した高木優奈。そのセッティングを調べると、迷った末に投入した新モデルが貢献していたことが分かりました。

2022年モデルに惚れ込んでいたが、ツアーデビューに向けて大きくセッティングを変更した高木優奈 写真:GettyImages
2022年モデルに惚れ込んでいたが、ツアーデビューに向けて大きくセッティングを変更した高木優奈 写真:GettyImages

 2022年にヤマハとクラブ契約を結んだ高木は、ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティー、アイアンをヤマハのクラブで揃えています。高木は「22年モデルのクラブはすごく気に入っています」と語っていましたが、新人戦ではドライバーや5番ユーティリティー、そしてアイアンセットを24年モデルに変更していました。

 なぜ、気に入っていたクラブからすぐ新モデルに替えることができたのか?

 e!Golf編集部は以前、高木が発表前の新モデルをテストするラウンドを取材させてもらいましたが、ドライバーのテストでは24年モデルの「RMX VD/M」と同「X」でかなり悩んでいました。テストラウンド中、高木は次のようにインプレッションを語っています。

「まず、新作のほうが10ヤードから15ヤードくらい飛んでいました。最初は『M』を中心に試打をしていましたが、顔は『X』のほうが好きですね。飛距離も『X』のほうが出ていました。最初は『M』がバッチリ合うかなと思いましたが、『X』はあまり考えないでナイスショットが打てる。これって大事なんです」

 ドライバーは「X」を絶賛していた高木選手でしたが、試合で使ったのは「M」でした。続いてテストしたフェアウェイウッドやユーティリティーについては、ニューモデルに替えるかどうか、かなり迷っている様子でした。

「正直、今使っているフェアウェイウッドとユーティリティーは本当に気に入っているので、チェンジするかどうかは分かりません。でも、新作もそれに引けをとらないくらい完成度が高かったので、ちょっと迷っています」

 新人戦では、フェアウェイウッドは22年モデルを使っていましたが、5番ユーティリティーは24年モデルの「RMX VD」になっていました。

 アイアンについてはかなり手ごたえを感じたようで、テスト段階から迷うことなく「これで行きます!」と宣言をしていました。

「アイアンは『M』で決まりです。前作はアイアンのロフトを少し立てていたのですが、新作はそのままのロフトでも飛距離が出ます。だから、前作では抜いていた6番アイアンをもう1回バッグに入れることにしました。シャープな感じの顔がメチャクチャ好きです」

 23年は男子ツアーで2勝の今平周吾、女子ツアーでメジャーを制した神谷そら、そして、日本シニアオープンを制した藤田寛之も24年モデルの新作を使っていました。その事実が、ヤマハの新モデルの性能を証明しているとも言えるでしょう。

 新人戦を制した高木は、来年の女子ツアーでさらなる飛躍を期待できそうです。

2023 高木優奈の最新セッティング

1W:ヤマハ RMX VD/M(ロフト/9.5度 シャフト/ジ・アッタスV2)
3W、7W:ヤマハ RMX VD 2022(ロフト/15度、21度 シャフト/ジ・アッタスV2)
4U、6U:ヤマハ RMX VD 2022(ロフト/22度、28度 シャフト/アッタスEZ)
5U:ヤマハ RMX VD 2024(ロフト/25度 シャフト/アッタスEZ)
アイアン:ヤマハ RMX VD/M(番手/6I-PW シャフト/トラヴィル85)
GW、AW、SW:ボーケイ フォージド(ロフト/46度、52度、58度 シャフト/N.S.プロ950GH)
パター:スコッティ・キャメロン

※クラブが15本記載されていますが、コースセッティング等により入れ替えるようです

【写真】ママさんも! 698人中21人に入った笑顔の合格者たち/渋野日向子、原英莉花、稲見萌寧、菅沼菜々ら18年合格組のスーツ姿

画像ギャラリー

21人が晴れてJLPGAメンバーになった2023年のプロテスト 写真:Getty Images
スコアボード前で記念撮影に応じる馬場咲希(左)と高木優奈(中央)、稲垣那奈子(右) 写真:Getty Images
認定証を手にスーツ姿で笑みを浮かべる馬場咲希 写真:Getty Images
2歳の娘とともにリーダーズボードで記念撮影に応じる神谷和奏 写真:Getty Images
2018年のプロテストに合格し、小林浩美JLPGA会長から認定証を受け取る渋野日向子 写真:Getty Images
2018年のプロテストに合格した左から原英莉花、三ヶ島かな、エイミー・コガ、大里桃子、ケーシー・コモト 写真:Getty Images
2018年のプロテストに合格した左から稲見萌寧、吉本ここね、菅沼菜々、鶴岡果恋、廣田真優 写真:Getty Images
95期を制したウー・チャイェン(左)と96期を制した高木優奈(右) 写真:Getty Images
2022年モデルに惚れ込んでいたが、ツアーデビューに向けて大きくセッティングを変更した高木優奈 写真:GettyImages

最新記事