菅沼菜々が過去一度も予選通過がない高知で開幕戦 「全敗で印象はよくないけど怖がらずに振り切りたい」

国内女子ツアー「明治安田レディス ヨコハマタイヤ」が今季初戦となる菅沼菜々。毎年、高知での同大会が彼女にとっての“開幕戦”でもあるが、過去一度も予選を通過できていない。「怖がらずに振り切っていきたい」と意気込む。

「今年もポーズは『ハート』でいきます」

国内女子プロゴルフ<明治安田レディス ヨコハマタイヤゴルフトーナメント 3月7~10日 土佐カントリークラブ(高知県) 6273ヤード・パー72>

 今季の開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」を例年通り欠場した菅沼菜々。広場恐怖症であることを公表し、飛行機移動が難しいことが理由だが、「開幕戦はダゾーンの中継で見ていましたが、悔しい気持ちはあるし、出たい気持ちはありました」と正直な胸の内を吐露した。

 今季初戦となる今大会だが、「オフに力を入れてやってきた100ヤード以内やスイングの崩れを見直した成果を出していきたい。(練習していた)武蔵丘GCはグリーンの手入れがすごくいいので、いい練習がたくさんできました」と意気込みを見せる。

今季初戦を迎える菅沼菜々(写真は2023年JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ)  写真:Getty Images
今季初戦を迎える菅沼菜々(写真は2023年JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ)  写真:Getty Images

 特にスイングについては、「去年1年間で見ると全体的にスイングがよくなくて、(トップ10フィニッシュが15回あった)一昨年のほうがショットは安定していました」と振り返る。

 今は22年当時のスイングに戻したいということだが、まずは実戦でどれだけできるか結果で自信を得たいところ。

 とはいえ、菅沼にとって同大会開催コースである土佐カントリークラブは鬼門だ。2019年から出場しているが、過去一度も予選を通過したことがない。「全敗で印象はよくない……。でも怖がらずに振り切っていきたい」とリベンジを誓った。

 ちなみに今年の新しい“アイドル”ポーズについて聞くと「ないです(笑)。もう去年すべったからないです。『ハート』でいきます」と笑っていた。

菅沼 菜々(すがぬま・なな)

2000年2月10日生まれ、東京都出身。18年プロテスト合格。20-21年シーズンは賞金ランキング47位で初のシードを獲得。22年シーズンは、メルセデス・ランキング8位と躍進。23年「NEC軽井沢72ゴルフ」では、神谷そらとのプレーオフを制して悲願の初優勝を挙げる。あいおいニッセイ同和損保所属。

【写真38枚】菅沼菜々や原英莉花、蛭田みな美などドレスアップした女子プロ勢ぞろい 明治安田レディスヨコハマタイヤ前夜祭

画像ギャラリー

菅沼菜々
菅沼菜々
菅沼菜々
菅沼菜々
原英莉花
原英莉花
原英莉花
左から小倉彩愛、勝みなみ、鶴岡果恋
勝みなみ
鶴岡果恋
鶴岡果恋
小倉彩愛
左から小倉彩愛、勝みなみ、鶴岡果恋
山下美夢有
左から青木瀬令奈、神谷そら
左から青木瀬令奈、神谷そら
堀琴音
堀琴音
左から竹田麗央、吉本ひかる、小祝さくら
左から竹田麗央、吉本ひかる、小祝さくら
左から竹田麗央、吉本ひかる、小祝さくら
河本結
河本結
金澤志奈
金澤志奈
左から岩井明愛、櫻井心那、岩井千怜
左から岩井明愛、櫻井心那、岩井千怜
柏原明日架
柏原明日架
左から金田久美子、藤本麻子、脇元華
左から脇元華、金田久美子、藤本麻子
左から小林夢果、森田理香子、辻梨恵
森田理香子
蛭田みな美
蛭田みな美
蛭田みな美
上田桃子
上田桃子
今季初戦を迎える菅沼菜々(写真は2023年JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ)  写真:Getty Images

最新記事