【独占】初優勝から6年… 32歳になった香妻琴乃が今もゴルフを続ける理由「いま一番欲しいのは自信」

2018年にツアー初優勝した香妻琴乃。大粒の涙を流して手にした1勝から6年の歳月が過ぎた。“美人ゴルファー”としても注目を浴びたが、近年はレギュラーツアー出場からも遠ざかり、下部ツアーが主戦場となっているが、それでも現役生活を続けている。今の心境とゴルフとの向き合い方の変化などについて聞いた。

美人ゴルファーとして注目を浴び……

 “かわいい”、“キュート”、“キレイ”、“美人”――女子プロゴルフの世界では、時に選手の容姿を指して、多くのメディアがそう表現することがある。

 外見を重視して物事を判断する“ルッキズム”は近年、減少してはいるものの、まだ残っているのも事実だ。2011年のプロテストに合格した香妻琴乃もそんな選手の一人だった。

リラックスした格好でインタビュー取材に応じてくれた香妻琴乃
リラックスした格好でインタビュー取材に応じてくれた香妻琴乃

 “美女ゴルファー”という表現がついて回り、キュートなルックスと共にアマチュア時代からナショナルチーム入りの選手ということでも注目を浴びていた。

「注目されるのはそんなに嫌ではなくありがたいです」と笑っていたが、プロ入りしてから12年が過ぎた。32歳のベテランは「今もツアー2勝目を目指しています」とハッキリといった。

QTランク177位で出場試合は限定的

「いま一番欲しいの自信。結果から来る得られる自信みたいなのがあれば一番いいのですが、そこが難しいところなんです」

 プロ8年目、26歳の時に香妻は2018年の「マンシングウェアレディース東海クラシック」でツアー初優勝。努力すれば報われるという大きな自信も得た。というのもこの時、彼女が優勝するとは思えない状況だったことも、自分を信じる大きなきっかけとなった。

 最終日は10位から出て8バーディー、ノーボギー。さらにツアー出場権を持たない状況で、ウェイティングからの初優勝というのも関係者を驚かせた。

 ギャラリー前のインタビューでは、「泣くつもりはなかったんですけど。キャディーさんに『ゴルフをしていてよかったね』といわれて。ゴルフが嫌いな時期もあったけど、優勝する日が来てすごくうれしい」と大粒の涙を流していた。

 しかし、いい時が長く続かないのがゴルフというスポーツの難しいところ。19年は賞金ランキング103位でシードから陥落。以降はレギュラーツアーの出場権を獲得できずにいる。結果が出ない日が続けば、どんな選手でも自信を失いがちだ。ガマンやメンタルの強さ、忍耐力も求められるが、時に弱音をはきたくなることもあるだろう。

「優勝した翌年(19年)の不振は、肩を痛めていて、試合を休むことが多かったんです。痛みがあると練習するのも怖くなって、そうなると筋肉も硬くなってもう肩も上がらなくなってしまったんです。悪いスイングでずっと練習していたからというのが原因です」

 肩だけでなく、腰の痛みとも長らく戦っていたが「ここ2~3年は肩の痛みもなくなったんです。いい病院の先生と治療に出会ったことで、練習やトレーニングも心配なくこなせるようになりました。このストレスがなくなったのは大きい」と話す。

 ただ、それでも自信をつけるにはやはり結果が欲しい。昨季は推薦でレギュラーツアーには6試合出場したが、「樋口久子三菱電機レディス」の37位タイが最高位で、その他のトーナメントは予選落ちした。

 下部の「ステップ・アップ・ツアー」も6試合に出場して予選通過は4試合。昨年12月のQT(予選会)も最終予選会に進出できず、QTランキングは177位と今季は出られる試合がかなり限られてくる。

「今はファンの応援がすごく身に染みる」

【写真7枚】これが“アイドル女子プロと呼ばれた頃の香妻琴乃です

画像ギャラリー

20代の頃の香妻琴乃 写真:本人提供
20代の頃の香妻琴乃 写真:本人提供
20代の頃の香妻琴乃と弟の陣一朗 写真:本人提供
20代の頃の香妻琴乃 写真:本人提供
20代の頃の香妻琴乃 写真:本人提供
20代の頃の香妻琴乃 写真:本人提供
祝勝会で晴れ着姿の頃の香妻琴乃 写真:本人提供
リラックスした格好でインタビュー取材に応じてくれた香妻琴乃
昨シーズン出場したレギュラーツアーで最もよい成績を残した「樋口久子 三菱電機レディス」 写真:Getty Images
1 2 3

最新記事