竹田麗央、河本結が2アンダーで首位に並ぶ! 午前スタートの最終組がハーフターン【国内女子メジャー第1戦】

国内女子プロゴルフ メジャー第1戦「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」が5月2日から5日の日程で行われる。開幕に先立ち30日に予選の組み合わせが発表された。

竹田麗央は1イーグル、ノーボギー

◆国内女子プロゴルフ メジャー第1戦<ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 5月2~5日 茨城ゴルフ倶楽部 東コース(茨城県) 6665ヤード・パー72>

 風が吹くとやや肌寒いものの、前日までの雨も上がりゴルフ日和となった大会初日。指定席であるかのように、スコアボードの一番上に名前を刻んだのが竹田麗央だ。

 10番ホールからのスタートとなったが、14番ホールまでパーを重ねる大人しいゴルフを続けていた。ところが、530ヤードの15番パー5で本領を発揮する。

今週も優勝争いに加わりそうなスタートを見せた竹田麗央 写真:Getty Images
今週も優勝争いに加わりそうなスタートを見せた竹田麗央 写真:Getty Images

 2打でピンまで残り38ヤード地点までボールを運ぶと、58度のウェッジでカップインに成功。今季3個目のイーグルを奪い、いきなり単独首位に立った。

「風にもよりますが、このコースはパー5ですべて2オンを狙えるので、飛ばし屋にはチャンスだと思います」と、前日の記者会見で語っていた竹田だが、前半を終えた段階では有言実行のゴルフを展開したといえる。

 今季は2週連続優勝を挙げて、メルセデスランキング1位の座をキープしている竹田と並んで首位タイにつけているのが河本結。今季は9戦してトップテン入りが4回と好調で、メルセデスランキングでも11位につけている。5年ぶりのツアー優勝狙う上でも、好スタートを切った。

 竹田、河本を1打差で追うのが、菅沼菜々、森井あやめ、ウー・チャイエン、山路晶、尾関彩美悠の1アンダーグループだ。
 
 全体的にスコアが伸びていないように感じるかもしれないが、コースセッティングを担当した茂木宏美によれば、「今年のグリーンは水分量を調節し、常にいい状態でプレーできるようにしています」と語っていた。たとえ前日に大量の雨が降ろうとも、硬くて速いグリーンをキープできるだけに、選手も苦労していると思われる。

竹田麗央(たけだ・りお)

2003年4月2日生まれ、熊本県出身。2021年プロテスト合格で同期には櫻井心那、川崎春花、神谷そらなどがいる。母親はツアープロの平瀬哲子、叔母は元賞金女王の平瀬真由美という超サラブレッド家系。ヤマエグループHD所属。

【写真】渋野の初勝利は何年? 全員思い出せる? サロンパスカップ過去10年の覇者

画像ギャラリー

23年大会を制した吉田優利 写真:Getty images
22年大会を制した山下美夢有 写真:Getty images
21年大会を制した西村優菜 写真:Getty images
19年大会を制した渋野日向子 写真:Getty images
18年大会を制した申ジエ ※写真は別大会 写真:Getty images
17年大会を制したキム・ハヌル 写真:Getty images
16年大会を制したレキシー・トンプソン ※写真は別大会 写真:Getty images
15年大会を制したチョン・インジ ※写真は別大会 写真:Getty images
14年大会を制した成田美寿々 ※写真は別大会 写真:Getty images
今週も優勝争いに加わりそうなスタートを見せた竹田麗央 写真:Getty Images

最新記事