4日間でボギーはたった3つ!TOTO優勝の古江彩佳は残り3戦で大逆転賞金女王を目指す! | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

4日間でボギーはたった3つ!TOTO優勝の古江彩佳は残り3戦で大逆転賞金女王を目指す!

賞金ランキング2位の古江彩佳が通算16アンダーで逃げ切り今季6勝目を飾った。通算7勝目(アマ優勝含む)。直近は4戦で3勝と強さを発揮し、一時は7200万円以上あった同1位の稲見萌寧との差を約397万円まで縮め、逆転での賞金女王へと突き進む。

2年にわたるロングシーズンの賞金女王争いもいよいよ佳境

◆国内女子プロゴルフ<TOTOジャパンクラシック11月4~7日 瀬田ゴルフコース北コース(滋賀県) 6616ヤード・パー72>

 古江彩佳が逆転賞金女王に向けて大きな勝利を手にした。

最大約7200万円あった稲見との差を約400万円まで縮めた古江 写真:Getty Images

 最終日を首位から出た古江彩佳は、3バーディー、ノーボギーの69で回り、通算16アンダーで大会初優勝を飾った。今季6勝目で、アマチュア時代の優勝を含めるとツアー通算7勝目となる。

「最後まで分からない状況で、自分では安心できなかった。最後は優勝で終われて良かったなと思います。ジュニアの頃に見に来たコースで優勝できたのは本当に嬉しい」

“ボギーを打たない”古江の強みが発揮された今大会。最終日はフェアウェーキープ率100パーセントで、ボギーを打ったのは初日1つ、2日目2つだけ。4日間を60台でプレーする安定感で、他の追随を許さなかった。

「ボギーを一つでも打ってしまうと隙が見えてしまうと思うので、ノーボギーで上がれたのはすごく大きいかなと思います」

 首位で最終日を迎えたときに意識していることについて聞かれると「ボギーを叩かない、隙のないゴルフをしたいと思っています」と答える。相手に隙を見せない芯の強さがひしひしと伝わってくる。

 秋に行われた4戦で3勝と勢いに乗る古江。賞金ランキング2位で、同1位の稲見萌寧との差は約397万円にまで縮まった。一時は約7200万円差もあったが、大逆転での賞金女王獲得も夢ではなくなった。

「差がついているときはもう無理なのかなと思っていたけど、ここまで来られたのは嬉しいです。これで満足しないように自分のベストを尽くしてやっていきたいと思います」

 一方で追われる立場の稲見は「そこを一番に気にしている感じではないんですけれど、最終的な結果のために1試合1試合をなるべく勝てるようにがんばりたい」と語っている。
 
 これが本音かどうかはさておき、古江が稲見の背中をとらえたことで、見ている側としては残り3戦でのデッドヒートががぜんおもしろみを増してきた。気は抜けない戦いが続くなか、古江は本気モードに切り替わってきた。

「(賞金ランキングでも)1位というのが目にも焼き付いてくれるかなと思います。それができれば、良い状態で向こうに(米女子ツアーQシリーズ)行けるかなと思う」

 手が届くならなりふり構わず頂点を目指す。古江は虎視眈々とマネークイーンの座を狙っている。

1位の稲見は90%オーバー!「パーセーブ率」トップ5を今すぐ確認する

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/inamimone_2021sumitomolife_GettyImages-1340855711-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/furue_2021mastersGC_GettyImages-1348352035-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/koiwai_cat_20210823_GettyImages-1335539433-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/GettyImages-1320722332_resize-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/GettyImages-1327759893-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/furueayaka_2021TOTO_GettyImages-1351779280-2-150x150.jpg

最新記事