「引き算を間違えた」!? 単独首位からOBで自滅した内田ことこ

Tポイント×ENEOSゴルフトーナメント最終日に一時は単独首位に躍り出たルーキーの内田ことこ。15番でレイアップしたショットをOBとして優勝はならなかったが、ミスショットの原因はなんと「引き算の間違い」だった。

持ち味の飛距離を生かして6連続バーディーの爆発力

◆国内女子プロゴルフ<Tポイント×ENEOSゴルフトーナメント 3月18~20日 鹿児島高牧カントリークラブ(鹿児島県) 6419ヤード・パー72>

「勢い」と「ミス」と「踏ん張る力」。ツアーで初めての優勝争いの中で、内田ことこはそのすべてを経験した。

ツアー参戦7戦目でのスピード優勝とはならなかったが、持ち前の爆発力を遺憾なく発揮した内田ことこ 写真:Getty Images

 女子ツアーシーズン第3戦「Tポイント×ENEOSゴルフトーナメント」最終日に、内田は首位に5打差の8位タイで挑んだ。

 プロデビューした昨年は、4試合に出場したがすべて予選落ち。新人戦加賀電子カップでは優勝争いを演じたが、プレーオフで桑木志帆に敗れている。

 この日は「バーディーを4つ取る」という目標を持って臨んだ。圧巻のプレーを見せたのは、2バーディー、1ボギーで迎えた8番からだ。1.8メートルの下りを沈めてバーディーを奪うと、そこから怒涛の6連続バーディーで単独首位に立った。

 中でも520ヤードの13番パー5では、残り220ヤードを3Wで2オンさせて2パットでのバーディー奪取と、武器である飛距離を十分に生かした。

 落とし穴が待っていたのは300ヤードと短いパー4の15番。内田は14番パーの後に首位に立ったことを知る。驚いた直後のティーショットは、レイアップを選択した。そこまでは良かったのだが「引き算を間違えて、1クラブ大きいクラブで打ってしまいました。180ヤード打つつもりだったんですけど、190ヤードのイメージで打ってしまいました」。ボールは無情にもカサカサと音を立ててOBエリアに消えた。

 動揺しつつも、打ち直しの3打目をフェアウェイへ。だが、4打目をグリーンオーバーさせ、ダブルボギーで首位転落。上がり3ホールはスコアカード通りで、通算7アンダーの4位に終わった。

「やる気がちょっと出て」初めての優勝争いに気持ちが揺れた

 痛恨の1打を振り返り「やる気がちょっと出て」と、優勝争いならではの気持ちの揺れがあったと打ち明ける。

 QTランキング25位での出場だが、前の2試合は予選落ちと32位タイ。2日目までの成績が良くないと入れない“最終日アウトスタート”すら初めての中での大健闘だった。

 サンデーバックナインに単独首位に立ってからの自滅に「悔しいです」と唇を噛む。

 それでも、OBの後、ずるずると崩れていくのではなく、しっかりとパーを重ねていった辺りにしぶとさも見える。

 ジェットコースターのような1日の経験は、ルーキーにとって大きな財産だ。ギャラリーやファンにも、飛距離を武器にする大物新人の存在を十分にアピールできたのは間違いない。今後が楽しみな選手だ。

内田ことこ(うちだ・ことこ)

2002年10月4日生まれ、北海道出身。2021年6月にプロテスト合格。今年のTポイント×ENEOSゴルフトーナメントまで目立った成績はなかったが、2021のJLPGA新人戦 加賀電子カップではプレーオフの末、2位となるなど、期待のルーキー。今回の活躍もあり、平均バーディー数2位、パー5平均スコア1位など、抜群の爆発力を誇る(3月21日現在)。加賀電子所属

【写真】プロテストに合格した当時の「内田ことこ」の初々しい写真を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2023/03/uchidakotoko_202206protest_GettyImages-1325352427-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2023/03/タイトル用_resize-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2023/03/佐久間スイング_resize-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2023/03/岩井姉妹_resize-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/03/uchidakotoko_2022Tpoint_GettyImages-1386604851-2-150x150.jpg

最新記事