渡邉彩香が連覇へ意気込み語る 「染みついた昔のスイングと新しいスイングの狭間で戦っている」 | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

渡邉彩香が連覇へ意気込み語る 「染みついた昔のスイングと新しいスイングの狭間で戦っている」

国内女子ツアーのRKB×三井松島レディスが5月12日から3日間にかけて開催される。11日にはプロアマ戦が行われ、ディフェンディングチャンピオンの渡邉彩香が会見を行った。

「1日に3つ(伸ばすこと)は必要になってくる」

◆国内女子プロゴルフ<RKB×三井松島レディス 5月12~14日 福岡カンツリー倶楽部 和白コース(福岡県) 6299ヤード・パー72>

 国内女子ツアーのRKB×三井松島レディスのプロアマ戦が11日に行われ、前回大会覇者の渡邉彩香が会見を行った。ツアー通算5勝の渡邉が最後に勝ったのは1年前のこと。「あれから勝てないまま1年が経ってしまったけれど、連覇できるようにがんばりたい」と意気込む。

 今季はここまで9試合出場で予選通過は7回、最高位は開幕戦の6位タイと決して調子が悪いわけでもない。

若手には負けない飛ばしが渡邉彩香の魅力。今季も256.50ヤードでドライビングディスタンス4位につける 写真:Getty Images
若手には負けない飛ばしが渡邉彩香の魅力。今季も256.50ヤードでドライビングディスタンス4位につける 写真:Getty Images

 ただ、「1カ月くらいショットが思うようなフォームではなくて修正中」と明かす。

「スイングを変えてよくはなったけれど、少しずつズレてくるんです。今まで染みついたものを変える難しさも感じています。昔の染みついたスイングと新しいスイングとの狭間で戦っているところです」

「調子が悪くなると手で打ちたくなる。手の意識が体よりも勝ってしまうので、そこをいかに勇気を持って体の回転だけで打てるか、を徹底しています」

 大会コースの攻略についても「グリーンが硬くて難しいので、ティーショットの出来が大事になると思います。勝つには1日に3つ(伸ばすこと)は必要になってくると思います」と話す。

 浮上のカギはショットの精度が高いスイングを完成させること。週末には夫が応援にかけ付けることも明かし、悩ましいスイング修正のトンネルを抜ければ、連覇も見えてきそうだ。

渡邉 彩香(わたなべ・あやか)

1993年9月19日生まれ、静岡県出身。2014年のアクサレディスでプロ初勝利。持ち前のドライバーの飛距離を武器に、翌年はツアー2勝を挙げて賞金ランキング6位と活躍。その後スランプに陥るが、20年の「アース・モンダミンカップ」で復活勝利。2022年シーズンは「ほけんの窓口レディース」を制し通算5勝目を飾った。大東建託所属。

【動画】思わずガッツポーズ! 超ロングパットを決め「結婚後初V」を決定づけた2022年大会 実際の映像
1 2

最新記事