歴代最高の平均323.7ヤード!それでもデシャンボーの飛距離がもっと伸びるワケ

松山英樹のマスターズ制覇など、例年以上に注目度の高かった米男子ツアー。そんな中でもひときわ注目を集めたのが、ブライソン・デシャンボーのシーズンドライビングディスタンスだろう。そのすごさを数字とともに分析した。

自身の持つ歴代最高記録を1.6ヤード更新

 米ツアー2020-21シーズンは、パトリック・カントレーが年間王者の座に就いて幕を閉じた。松山英樹がマスターズで日本男子初のメジャーチャンピオンに輝き、50歳のフィル・ミケルソンが全米プロで最年長メジャー優勝を果たすなど多くの話題があったが、やはりシーズン通して注目を集めたのは、破壊的な飛距離を誇るブライソン・デシャンボーだろう。

2位のマキロイに大差をつけて2年連続でドライビングディスタンス1位だったデシャンボー 写真:Getty Images

 3月のアーノルド・パーマー招待では、円形の池に沿ってレイアウトされたパー5で池越えの1オンを狙うなど、既存の攻略ルートをまさに“破壊”して新たな道を切り開いてきた。

 デシャンボーのシーズンドライビングディスタンスは323.7ヤードだった。これは文句なしに部門1位の数字。2位のロリー・マキロイが319.3ヤードだから、その差は4.4ヤード。ここ10シーズンでは2018-19シーズンに並ぶ2位との最大差である。それくらい他を圧倒していたのだ。

 さらに強調したいのは、デシャンボーがマークした323.7ヤードは米ツアードライビングディスタンス歴代1位の記録だということ。従来の記録は2019-20シーズンに自らが打ち立てていた322.1ヤード。つまり、デシャンボーは2シーズン続けて歴代最高記録を塗り替えたということなのである。

豪快なドライバーショットは多くのギャラリーを魅了 写真:Getty Images

 若いゴルフファンにはなじみが薄いかもしれないが、米ツアーにはかつてジョン・デーリーという希代の飛ばし屋がいた。彼が彗星のように現れた1991年、従来の記録を大幅に塗り替えてドライビングディスタンス1位に輝いた。その時の数字は288.1ヤード。デシャンボーとの差は35.6ヤードもある。30年でこれだけ飛距離が伸びているのである。

 デーリーは1997年に初めて平均300ヤード超えを果たすなど、長く飛距離王に君臨していたが、プレー以外の言動でお騒がせすることも多かった。デシャンボーも何やら似通った雰囲気があるのが気になるが。

デシャンボーの平均ヘッドスピードは秒速59.1メートル!

 さて、これだけぶっ飛ばすデシャンボーのヘッドスピードも気になるところだ。米ツアーには平均ヘッドスピードのデータもある。それによると、時速132.25マイルだった。これももちろん部門1位。さらには計測が始まった2007年以降歴代最高の数字なのだ。

 ただ、時速何マイルといわれても我々日本人はピンとこない。日本流に変換すると秒速59.1メートル。漠然とかもしれないが、すごい数字だと分かっていただけるのではないだろうか。

 実際にこの数字がどれくらいすごいか、松山英樹を比較対象にして表現してみたい。松山の2020-21シーズン平均ヘッドスピードは秒速51.7メートル。松山もそれなりの飛ばし屋であるが、これだけの差があるわけだ。ちなみにツアーの平均値は秒速51.1メートルである。

松山英樹の平均ヘッドスピードは秒速51.1メートル 写真:Getty Images

 ひとシーズン前、デシャンボーの平均ヘッドスピードは秒速55.9mで部門4位だった。この1年でグッとスピードを増していることが分かる。

 これだけヘッドスピードが増したなら、ドライビングディスタンスも一気に伸びておかしくないのだが、実際は1.6ヤード増(322.1ヤード→323.7ヤード)にとどまっている。これは少々もったいない。

ミート率が上がれば飛距離はさらに伸びる!

 その理由は、スマッシュファクターという、ボールスピードをヘッドスピードで割った数値から読み解ける。これは、いかに効率よくボールに力を伝えられているかを表す数値で、かみ砕いて表現するとミート率ということになる。

 1.5を超えれば上々というこのスマッシュファクター、2020-21シーズンの米ツアー平均値は1.491だったのに対して、デシャンボーは1.442とかなり低かった。部門順位は196人中195位。つまりはブービーだったのである。

 逆の見方をすれば、まだまだ伸びシロがあるということ。現在のヘッドスピードを維持したままミート率が向上すれば、さらにすさまじい飛距離を生むはず。1週間の休みを挟んで9月16日から始まる新シーズンでデシャンボーが3シーズン連続ドライビングディスタンス歴代最高記録を叩き出すのか、注目だ。

飛ばし屋たちのドライバーショットを見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2029/09/tiger_woods_2020northerntrust_GettyImages-1228145653-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2029/09/Bryson_DeChambeau_2021tourchampionship_GettyImages-1338129973-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2029/09/matsuyama_hideki_2021_Olympic_GettyImages-1330476301-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2029/09/Bryson_DeChambeau_2021tourchampionship_GettyImages-1235058357-2-150x150.jpg

最新記事