スイング改造を諦めた人に試して欲しい!? パター練習でスイングの悪いクセを直す方法

スコアメイクにおけるパターの重要性は分かっていても、ドライバーのようにナイスショットが分かりづらい地味なパター練習はやらない人が多い。インドアゴルフレンジKz亀戸店・筒康博ヘッドコーチは、「パターを家で打ちながら、自分のスイングの悪いクセを修正できるんです」といいます。どんな方法でしょうか?

クセを悪化させる“スイングキラー”とは?

 スイング中の悪い「クセ」は、なかなか頑固です。なぜなら、ボールに当てるために必要な動きとして、体に刷り込まれているからです。

パター練習でもスイング時の頑固な自分の悪いクセ “スイングキラー”を改善できる
パター練習でもスイング時の頑固な自分の悪いクセ “スイングキラー”を改善できる

 ヘッドアップやアウトサイドイン軌道、ヒジ引けや手首の変な使い方など、ナイスショットするための悪い動きは総じて“スイングキラー”と呼ばれています。しかも、フルショットのわずか2秒弱という時間の中で、「クセ」を直してナイスショットすることは至難の業です。

 トッププロのスイング動画を観ても、奇抜なスイング方法を試しても、改善どころか悪化するだけで「スイングなんか直さない方がいい!」という結論に達した人も多いはずです。

 そこで、スコアアップに必要なパター練習をしながら、同時に“スイングキラー“も改善する“一石二鳥”の方法を紹介します。

ヒジ引けや手首のコネをハンドファーストにできる

 振り遅れのミスをしまいと、ビギナーや中級者が本能的に行ってしまう手首のコネ動作は、「フリップ」という“スイングキラー“です。このクセはインパクト以降、左ヒジが引けてしまう「チキンウイング」という“スイングキラー”を同時に引き出します。

 しかも、腱鞘炎やゴルフヒジなどケガにもつながるので、カッコ悪いかどうかに関わらず改善しておきたいです。

ミスショットの原因の一つ、手首のコネ(フリップ)してしまう“スイングキラー”は、まずパターで改善する事が有効
ミスショットの原因の一つ、手首のコネ(フリップ)してしまう“スイングキラー”は、まずパターで改善する事が有効

 これらの“スイングキラー”がある人は、パター(素振りでもOKです)でも同じ傾向が見られます。アドレス時より左ヒジが体にくっついて行かないようにしながら、シャフトが前方に倒れるハンドファーストのままストロークしてみてください。

 下半身の動きが少ないパッティングで左ヒジが引けているなら、腰を回したインパクトではもっと引けてしまうのは当たり前です。また、小さなストロークで手首をこねてインパクトする「クセ」はフルショットで増幅してしまうのも仕方がないことです。

「前傾キープ」できないのはパターが原因!?

 インパクトで「前傾キープ」出来ず起き上がってしまう“スイングキラー”の修正方法は、ネットに多くのコンテンツが上がっています。ただ、いくら見てもうまくいかない人は、パッティング中にも「前傾キープ」ができていない傾向があります。

 まず、ボールが止まるまでパターでもアドレス時の前傾をキープしてみてください。入らなかったときに、空を仰ぐ「クセ」がある方は特に注意。身体が起き上がることに慣れきってしまっています。

動きの小さなパター練習時に“スイングキラー“を改善する「成功体験」がショットにもつながる
動きの小さなパター練習時に“スイングキラー“を改善する「成功体験」がショットにもつながる

 ヘッドアップや右肩が前に出る“スイングキラー”も同様に、パッティングでボールが止まるまで頭や右肩を目標方向に出さずガマンしてください。

 前傾キープやヘッドアップ修正には、かなりの筋力や柔軟性も必要だと感じるのはずです。そのうちにパターの練習時間が増え、「当たる」感覚やタッチはもちろん、ストロークに必要な下半身のブレも改善できるようになると思います。

【解説】筒 康博(つつ・やすひろ)

伝説のプロコーチ・後藤修に師事。世界中の新旧スイング方法を学び、プロアマ問わず8万人以上にアドバイスを経験。スイング解析やクラブ計測にも精通。ゴルフメディアに多数露出するほか、「インドアゴルフレンジKz亀戸」ヘッドコーチ、WEBマガジン「FITTING」編集長を務める。

【写真】所有感ハンパない!スコッティ・キャメロンの数量限定新作パター「JET SET」

画像ギャラリー

ツアーブラック仕上げでシックな雰囲気が漂う「JET SET(ジェットセット)」パター
ツアーブラック仕上げでシックな雰囲気が漂う「JET SET(ジェットセット)」パター
ツアーブラック仕上げでシックな雰囲気が漂う「JET SET(ジェットセット)」パター
ピストリーニ・プラス・グリップ
専用ヘッドカバー
スペシャルセレクト ジェットセット ニューポート
スペシャルセレクト ジェットセット ニューポート
スペシャルセレクト ジェットセット ニューポート
スペシャルセレクト ジェットセット ニューポート プラス
スペシャルセレクト ジェットセット ニューポート プラス
スペシャルセレクト ジェットセット ニューポート プラス
スペシャルセレクト ジェットセット ニューポート2
スペシャルセレクト ジェットセット ニューポート2
スペシャルセレクト ジェットセット ニューポート2
スペシャルセレクト ジェットセット ニューポート2 プラス
スペシャルセレクト ジェットセット ニューポート2 プラス
スペシャルセレクト ジェットセット ニューポート2 プラス
ツアーブラック仕上げでシックな雰囲気が漂う「JET SET(ジェットセット)」パター
スペシャルセレクト ジェットセット ニューポート
スペシャルセレクト ジェットセット ニューポート プラス
スペシャルセレクト ジェットセット ニューポート2
スペシャルセレクト ジェットセット ニューポート2 プラス
パター練習でもスイング時の頑固な自分の悪いクセ “スイングキラー”を改善できる
ミスショットの原因の一つ、手首のコネ(フリップ)してしまう“スイングキラー”は、まずパターで改善する事が有効
動きの小さなパター練習時に“スイングキラー“を改善する「成功体験」がショットにもつながる

最新記事