超難しいのに練習がやめられない!? 話題のパター練習器具「プレッシャーパットトレーナー」を試してみた

PuttOUT(パットアウト)社の「プレッシャーパットトレーナー」は、世界のゴルフメディアで高い評価を受けているパター上達グッズ。価格も比較的に安価なうえに、独自設計で生まれたカーブ上にある「極小カップ」が超難しいのにクセになる不思議な魅力があるそうです。そこで、練習グッズコレクターの筒康博(つつ・やすひろ)コーチがゴルフ場に持ち込みテストしました。

練習グッズには「やりたくなる」魅力も必要

 練習グッズは「上達を実感できる」ということが第一です。しかし、練習嫌いなゴルファーにとっては「やりたくなる」のも重要です。「プレッシャーパットトレーナー」をレッスン生に「おもしろいパター練習器がありますよ」と話すと、ハマる人がたくさんいます。

練習グリーンはもちろん、室内の短い距離のパターマットでも、飽きずにパター練習したくなるのも大きな魅力
練習グリーンはもちろん、室内の短い距離のパターマットでも、飽きずにパター練習したくなるのも大きな魅力

 価格面でも決して高価ではないうえに持ち運びも便利なので、コンペ商品やプレゼントにも重宝しています。

 別に「プレッシャーパットトレーナー」を宣伝するつもりも販売する予定もありませんが、ゴルフに対する練習意欲は「ちょっとしたきっかけ」で大きく向上することがあるのは事実じゃないかなと思いました。

【解説】筒 康博(つつ・やすひろ)

伝説のプロコーチ・後藤修に師事。世界中の新旧スイング方法を学び、プロアマ問わず8万人以上にアドバイスを経験。スイング解析やクラブ計測にも精通。ゴルフメディアに多数露出するほか、「インドアゴルフレンジKz亀戸」ヘッドコーチ、WEBマガジン「FITTING」編集長を務める。

【画像】練習しても無理!? 佐藤靖子が見せた驚がくの超ロングパット実際の映像
1 2 3

最新記事