逆転の発想で苦手克服!? バンカーショットがヘタな人がクローズスタンスを試すべき理由とは?

冬場はほとんどラウンドに行かないという人は、今の時期に基本動作の見直しや悪いクセを修正しておこう。今回のテーマは、「バンカーショット」。オープンスタンスで構える人は多いが、「バンカーが苦手な人はクローズスタンスで構えてみてください」とレッスンプロの海老原秀聡コーチはいう。その理由と練習方法を教えてもらった。

砂を薄く取るのがバンカー脱出のコツ

 オープンスタンスで構えて上からヘッドをドン! と落とす。こんなイメージでバンカーショットを打っている人は多いと思います。

 うまく脱出できるなら問題ないのですが、「ボールが飛ばない、高さが出ない」と苦手意識がある人は、砂を多く取り過ぎている可能性があります。

バンカーショットで砂を多く取り過ぎる人はオープンスタンスで上からヘッドを入れ過ぎているのが原因。クローズスタンスで構えると砂を薄く取りやすくなる
バンカーショットで砂を多く取り過ぎる人はオープンスタンスで上からヘッドを入れ過ぎているのが原因。クローズスタンスで構えると砂を薄く取りやすくなる

 目標より左を向くオープンスタンスは、カット軌道になる構え方。また、右足に体重が残って体が浮きやすくなるため、刃が砂に刺さってしまうことがあるのです。

 バンカーが苦手なら、思い切ってクローズスタンスで構えてみてください。ヘッドが上から入り過ぎなくなるし、前傾姿勢をキープできるので砂を薄く取れるようになります。

 その際はハンドレイト、ハンドダウンで構えることもポイントです。手元を体の真ん中あたりの低い位置にセットすると、ソールが砂に当たって球をつかまえやすくなります。

ティーに当てずにボールだけクリーンに飛ばす

 クローズスタンス、ハンドレイト、ハンドファーストのアドレスが完成したら、次はスイングのポイントです。大切なのは、ロフトを立てずにスイングすること。

 ロフトが立つとバンスが砂に当たらなくなります。これでは砂を爆発させることができません。

ティーアップした球をクリーンに打ってみる。ヘッドがティーに強く当たるのは、上からヘッドを入れている証拠。ボールだけをクリーンに打つことができれば、本番でも砂が薄く取れる
ティーアップした球をクリーンに打ってみる。ヘッドがティーに強く当たるのは、上からヘッドを入れている証拠。ボールだけをクリーンに打つことができれば、本番でも砂が薄く取れる

 ダウンスイングからインパクト、フォローでは左手首を甲側に折り、右手首を手の平側に折ってスイングしましょう。フェースが上を向き、バンスを使えるようになります。フィニッシュで左手の甲が自分に向いて入ればOKです。

 また、スイング中は左ヒザの角度をキープすることも意識しましょう。重心を低くキープすることができ、体が浮きにくくなります。

 今回紹介した打ち方は、レンジでも練習することができます。ティーアップしたボールをクリーンに打ってください。ベコン! とヘッドがティーに当たってしまうのは上からヘッドが入っている証拠です。

 ボールだけを打つことができれば、実際のバンカーショットでも砂が薄く取れ、簡単に脱出できるようになりますよ。

取材協力・Golf & Fitness Point芝浦

【レッスン】海老原秀聡(えびはら・ひであき)

海老原秀聡(えびはら・ひであき)
海老原秀聡(えびはら・ひであき)

1990年生まれ、東京都出身。水城高校、中央学院大ゴルフ部出身。学生時代は「全国高等学校ゴルフ選手権団体」優勝(07年)、「関東学生ゴルフ選手権会長杯」準優勝(08年)、「全国大学ゴルフ対抗戦団体」3位(09年、10年)などの成績。卒業後は、12年の日本プロゴルフ協会資格認定テストに一発合格。現在は、「Golf & Fitness Point芝浦」でビギナーからアスリートまで幅広いゴルファーにレッスンを行いながら、様々なゴルフメディアでも活躍している。

【写真解説】砂を薄く取りやすい! バンカーから簡単脱出できるクローズスタンスショットのやり方

画像ギャラリー

クローズスタンスで手元を低くしてアドレス。手元の位置は体の中心にセットする。左ヒザの角度をキープして、左手の甲を自分に向けながらスイング
クローズスタンスで手元を低くしてアドレス。手元の位置は体の中心にセットする。左ヒザの角度をキープして、左手の甲を自分に向けながらスイング
クローズスタンスで手元を低くしてアドレス。手元の位置は体の中心にセットする。左ヒザの角度をキープして、左手の甲を自分に向けながらスイング
クローズスタンスで手元を低くしてアドレス。手元の位置は体の中心にセットする。左ヒザの角度をキープして、左手の甲を自分に向けながらスイング
オープンスタンスはカット軌道になり、上からヘッドが入りやすくなる構え方。また、体重が右に残って体も浮きやすくなる
バンカーショットで砂を多く取り過ぎる人はオープンスタンスで上からヘッドを入れ過ぎているのが原因。クローズスタンスで構えると砂を薄く取りやすくなる
ティーアップした球をクリーンに打ってみる。ヘッドがティーに強く当たるのは、上からヘッドを入れている証拠。ボールだけをクリーンに打つことができれば、本番でも砂が薄く取れる
海老原秀聡(えびはら・ひであき)

最新記事