毎ホールちゃんと見てる?? 今や“なくてはならない”カートナビ…効果的な活用法とは? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

毎ホールちゃんと見てる?? 今や“なくてはならない”カートナビ…効果的な活用法とは?

セルフプレーの場合、より良いスコアを出すためにはカートナビに表示されるコースレイアウトを上手に活用することが大切です。コースの攻略はもちろん、安全かつスムーズにプレーを進めるためにも欠かせないものですが、具体的にはどのような活用をすべきなのでしょうか。

前の組との距離はナビで必ず確認

 キャディーをつけないセルフプレーが主流となった昨今では「ホールの形状」「バンカーや池の位置」「残りの距離」などを自分で確認してプレーを進めなければなりません。

 今ではナビゲーションシステムが乗用カートに搭載されていることが一般的になりました。ナビに表示されるコースレイアウトは、使い方次第でプレー時間やスコアに大きな影響を与えますが、実際、ラウンド中はどのように活用すればいいのでしょうか。レッスンプロの村井良行氏に話を聞きました。

ラウンド中はカートナビの積極的な活用を
ラウンド中はカートナビの積極的な活用を

「最も参考にするのは『前の組が何ヤード先にいるのか』ということです。カートナビで前の組との距離を数値や地図上で確認できるようになったので、打ちこんでしまうことも減りますし、プレーの進行もスムーズになりました」

 カートはもはや単なる移動手段ではありません。村井氏は「カートナビは距離を測るだけでなく他にも便利な機能がある」と言い、以下のように話を続けます。

「ナビ上にはコースのレイアウトだけでなく『理想的な進行ペース』『遅れ時間』などが表示され、プレー進行を管理してくれます。ラウンドに慣れていないビギナーは特に、プレースピードの目安を教えてくれるのはとてもありがたいと感じるはずです」

「他にもスコアをナビに直接入力できたり、リアルタイムでスコアとランキングが表示できたりもするので、コンペなどで使えばより臨場感が増して楽しめるのではないでしょうか」

 ゴルフ場によっては、現在でもティーイングエリアの近くにコースレイアウトが設けられてあったり、スコアカードにコースのマップが掲載されているところもありますが、村井氏は「現在は利用する機会も減ってきている」と話します。

「結局のところ、プレーヤーとして知りたいのは2打目以降の『残りの距離』『どこにOBがあるか』『バンカーや池などハザードまでどれくらいの距離があるのか』といったことです」

「コースの全体図もあったりしますが、そういったアバウトな情報を知ってもあまり意味がありません。各ホールのレイアウトを見て、打ってはいけない場所を確認し、戦略を立てることが大切です」

表示される距離は目安なので注意が必要

アプローチなど正確な距離が求められる場面では要注意 写真:AC
アプローチなど正確な距離が求められる場面では要注意 写真:AC

 ただし、ナビに表示されているヤード数はあくまでも目安。ボール地点からではなくカート位置からの距離が表示されていて、打ち上げや打ち下ろしが考慮されているわけでもないため注意が必要です。正確な距離を把握してプレーを進めたい人は、距離計測器を活用するのが無難でしょう。

 村井氏は「今では腕時計型のGPSナビを使うゴルファーが多いですね」と言い、その利便性について以下のように話します。

「カートナビについているコースレイアウトが腕時計の中に入っているイメージです。小型で持ち運びも簡単ですし、時間を確認する要領で腕時計を見れば、グリーンまでの残り距離をすぐに見ることができるので非常に便利。活用することをオススメします」

 広いコースを自分の感覚だけで攻略するのは限界があります。スムーズな進行やより良いスコアで回るためにも、コースレイアウトの活用は必要不可欠。毎ホール確認する習慣をつけて、自身のスコアアップに役立ててみてはいかがでしょうか。

【図解】接待や上司とのラウンドで役に立つ「カートの上座・下座」を写真で解説

画像ギャラリー

キャディー付きの場合は助手席が一番上座で後席真ん中が末席、セルフプレーの場合は運転席が末席で後席が上座
プレーの技量が影響しないスタートホールまでやインターバルの移動は一番若い方が運転すると良いでしょう
ゴルフ場でよく見かける4人乗りタイプ(G30Es) 写真:ヤマハ発動機
海外ではメジャーな2人乗りタイプ(YDRA1) 写真:ヤマハ発動機
ゴルフカートは左ハンドル
リモコン式のカートはリモコンか本体のボタンで発進・停止を行う
現在はナビゲーションシステムが搭載されている乗用カートがほとんど
アプローチなど正確な距離が求められる場面では要注意 写真:AC

最新記事