気持ちよく飛ばしたいけど周りに迷惑もかけたくない! ラウンドデビューで必要なのは飛距離? 方向性? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

気持ちよく飛ばしたいけど周りに迷惑もかけたくない! ラウンドデビューで必要なのは飛距離? 方向性?

飛んで曲がらないは、レベルにかかわらずゴルファーにとって永遠のテーマです。ラウンドデビューを控えたゴルファーも、真っすぐ遠く飛ばす練習をしていると思いますが、優先するべきなのはどちらなのでしょうか。

飛距離よりも方向性で楽しくプレーできる

 周知のとおり、ゴルフには「これができたらコースに出てオッケー」という厳格な決まりはありません。ゴルファー自身が好きなタイミングでラウンドデビューすることができます。

 ルールがないので、デビュー戦は大叩き。「スコアを数えるのも大変だった」と、ほろ苦い体験をした人もいるのではないでしょうか。また「ドライバーショットが150ヤードしか飛ばない」「飛距離は出るけど、方向が定まらない」、という理由でラウンドデビューをためらっている人もいるかもしれません。

初ラウンドを楽しくプレーするためには飛距離と方向性のどちらを優先すべきなのか 写真:AC
初ラウンドを楽しくプレーするためには飛距離と方向性のどちらを優先すべきなのか 写真:AC

 ラウンドデビューを控えるビギナーは、どんな練習をすればもっと楽しくプレーできるのでしょか。現役のシニアツアープロでゴルフスクールも経営している梶川武志プロに、飛距離と方向性の2つに絞ってお話を聞きました。

「飛距離よりも方向性を意識することが大切です。いくら飛距離が出ても、右や左に大きく曲がれば、OBになってしまいます。仮にOBにならなくても、フェアウェイからボールを打てる機会が極端に減ってしまうので、ゴルフの楽しさを感じにくいでしょう。飛距離が出なくても、とにかく真っすぐボールを打つことができれば、ボールを探す手間も省くことができ、スロープレー対策にもつながります」

 ある程度狙ったところに飛ばせれば、スコアもまとめやすくなります。「方向性が安定していれば、難しいバンカーを避けることができたり、池ポチャを防げたり、大叩きする可能性が低くなります」

 ビギナーのなかには、とにかく飛距離を伸ばそうとやみくもにボールを打って練習するゴルファーも多いようです。梶川プロは、ハーフスイングで方向性を意識しながら練習するのが効果的だと話します。

「最短でラウンドデビューしたいのであれば、アイアンやウェッジでハーフショット(肩から肩位のスイング)の練習をひたすら行ってください。得意な番手で10球中、3~4球狙った方向に真っすぐ飛ぶようになれば、飛距離が出なくてもラウンドデビューして楽しめるでしょう」

 真っすぐ飛ばすには、クラブの軌道を意識するのがポイントになります。「少し難易度が高いかもしれませんが、スイング軌道が真っすぐターゲット方向に向かっているかどうか確認してください。ビギナーの場合、アウトサイドイン(クラブが外側から入り内側に抜けていく軌道)になっていることが多いので、注意をしながら練習するとよいでしょう」

400ヤードのパー4は4オンを目指す

 楽しくプレーするために、コースに出たら意識したいことがあります。梶川プロは、「得意なクラブ以外は基本的に使わないと決めておくことで、迷いがなくなりショットも安定します」とアドバイス。数ホールプレーして、ドライバーショットが真っすぐ飛ばないと感じたら、ティーショットは得意なアイアンの番手に持ち替えてみましょう。

「たとえば、400ヤードのパー4の場合、100ヤードを真っすぐ4回打ってグリーンオンして、2パットでカップインすればダブルボギーです。18ホールをダブルボギーでプレーすれば、スコアは108。パット次第では100切りも見えてきます。ドライバーが曲がってトラブルショットばかり打つより、フェアウェイからコツコツ打った方が、気持ちも前向きになります」

 ボールを真っすぐ打つことができれば、それなりのスコアを出すことが可能です。コースデビューを控えるビギナーは、飛距離よりも方向性を重視した練習をするといいでしょう。

【写真解説】ボールが曲がらない! 体と肩でクラブを正しく動かす方法

画像ギャラリー

体の回転でバックスイングを行うと、左腕の延長線上にクラブがくる
肩を90度回したとき、胸は目標の反対を向き、肩の高さに両手がくる
首のツケ根とヘッドの距離を変えずにバックスイングをおこなう
右腰の横にクラブが来る人は手だけでクラブを上げている
頭の近くにクラブが来る人も手だけでクラブを上げている
初ラウンドを楽しくプレーするためには飛距離と方向性のどちらを優先すべきなのか 写真:AC

最新記事