見たことある? たまにピンについている“謎”の球体や小さな旗…なんの目的があるの?

グリーンのピンに、プラスチック製の球体や小さな旗がついていることがあります。これは一体何のためにあるものなのでしょうか。

若い人のなかには見たことがない人もいるかも?

 グリーンのカップにはピンが刺さっており、基本的に自分自身で戦略を立てなければならないゴルフにおいて、数少ない重要な判断材料になります。なかにはフラッグの下あたりに直径10〜15センチほどのプラスチック製の球体や、小さな旗がついているピンを見たことがある人もいるかもしれません。

このような小さな旗のついたピンを見たことはあるだろうか
このような小さな旗のついたピンを見たことはあるだろうか

 では、ピンについているこの球体や小さな旗は一体何のためにあるのでしょうか。全国でゴルフ場運営を行う株式会社東急リゾーツ&ステイの広報担当者は以下のように話します。

「あの球体や小さな旗は、カップがグリーンのどの位置に切られているのかを遠くからでも識別できるようにするためのもので、ピンの下の方についている時は手前、真ん中あたりの時はセンター付近、そしてフラッグの直下についている時は奥にあるということを示しています。そのため、球体や旗がピンのどの位置にあるかによってその日のピンポジションが一目で分かるので、クラブ選択などの面でゴルファーに対してコースマネジメントにおけるヒントを与えてくれます。色に関しても、ピン本体と同様に遠くからの判別がしやすい蛍光色など目立つ色を使用しており、黄色やオレンジ色などを基調にしていることが多いです」

「しかし、近年では多くのゴルフ場でカートナビが導入されていて、毎日営業前にカップの位置を変えると、当日のピンポジションがGPSを通してナビに即座に反映され、カート内からでも簡単に確認することができるようになっています。そのため、カップの位置を変えるごとにわざわざそれらを動かす必要がなくなったことから、廃止しているところも増えているのが現状です」

「さらに、ピンに球体や小さな旗がない状態でもカップの切られた位置が分かるようにしているケースもあります。そのような場合は、フラッグの色が赤の時は手前、白の時はセンター、青の時は奥と区別され、いずれもキャディーが同伴しないセルフプレーを基本としたゴルフ場でよく見られる光景です」

「スタート前にその日のすべてのホールのピンポジションをシンプルなイラストで表した『ピンシート』と呼ばれる紙をプレーヤーに配布しているところもありますが、球体や旗を取り換える手間やペーパーレス化が叫ばれている現代の風潮を考えると、カートナビに一括で表示させたほうが合理的かもしれません」

ピンは時代の影響を受けて進化し続けている

 また、ゴルフ場の経営コンサルティングを行う飯島敏郎氏(株式会社TPC代表取締役社長)は、ほかの面でもピンは時代に合わせて少しずつ変化を遂げていると話します。

「プロのトーナメントが開催されるゴルフ場では、ピンに球体や小さな旗がついていない代わりに『トーナメントポール』と呼ばれる特殊なピンが使用されています。トーナメントポールは、上から下まで直径が一定ではなく真ん中に行くにつれてふくらみを持たせるような形状になっており、遠くからの視認性を確保しています。なかには、試合が行われないゴルフ場でも『一般のゴルファーにもトーナメント気分を味わってもらいたい』という思いで、あえて導入しているところも存在します」

「また、アマチュアに限らず最近はプロでも距離計を使用している人が多いですが、特にレーザー式の場合は機械から発せられたレーザーがピンに当たって戻ってくるまでの時間から距離を算出しています。しかし、初期に作られた距離計はレーザーを照射する性能が今ほど優れていなかったので、ピンの最上部に反射板を設置し、レーザーが跳ね返りやすくしていました」

「現在は距離計の技術も向上したので反射板がなくても正確に残りのヤーデージを把握できるので、このようなタイプのピンも減少傾向にあります。さらに、フラッグをピンに固定する留め具のことを『スイベル』と言いますが、強風にさらされ続けるとスイベルが劣化して外れてしまうことがあります。そうなると、フラッグが正常になびかなくなって視認性が低下するので、フラッグの端の部分をチューブ状にしてピンの上から差し込めるようにしているものが増えています」

 ピンは、各ホールのゴール地点を分かりやすくするためのいわば「目印」にしか過ぎないと考えている人もいるかもしれません。ところが、プレースタイルの変化やメンテナンスフリーを図って、知らず知らずのうちに改良が加え続けられているのです。

【写真】入れたら最後、大叩き間違いなし!? 恐怖のバンカーがあるゴルフ場4選

画像ギャラリー

慎重なショットで攻めないと非常に厳しいゴルフ5カントリーオークビレッヂ18番 写真:ゴルフ場提供
津カントリー倶楽部9番ホール。写真中央にあるのがリベットバンカー 写真:ゴルフ場提供
津カントリー倶楽部18番ホール。豊かな自然とバンカーが描く曲線は実に美しい 写真:ゴルフ場提供
鹿島の杜カントリー倶楽部17番のグリーンサイドにある、通称モンスターバンカー 写真:ゴルフ場提供
バンカーの形は“リンゴのかじり跡”にヒントを得たというゴルフコース 写真:ゴルフ場提供
写真左下にあるのが、ゴルフ5カントリーオークビレッヂ17番の日本一アゴの高いバンカー 写真:ゴルフ場提供
津カントリー倶楽部9番ホール。切り取った芝を垂直に積んで2メートルの壁を作ったリベットバンカー 写真:ゴルフ場提供
入れてしまった後悔と緊張感渦巻く、鹿島の杜カントリー倶楽部のモンスターバンカー 写真:ゴルフ場提供
グリーン周りに10個のバンカーが大集合した大原・御宿ゴルフコース17番 写真:ゴルフ場提供
このような小さな旗のついたピンを見たことはあるだろうか
両サイドにいくつものマウンドが連なるPGMマリアGLの9番ホール 写真:ゴルフ場提供
日本庭園を思わせるPGMマリアGLの18番ホールの白砂バンカー 写真:ゴルフ場提供
南国情緒を醸すPGMマリアGLのクラブハウス外観。最寄りの圏央道・木更津東ICから約5kmとアクセスも便利 写真:ゴルフ場提供
PGMマリアGLでは『大人のリゾートハウス』をテーマに、華やかさと落ち着きを兼ね備えたロビーがゴルファーを迎える 写真:ゴルフ場提供
超ロングバンカーが強烈な存在感を示す新・西山荘CCの6番ホール 写真:ゴルフ場提供
常連のプレーヤーが「火星のよう」と表現する新・西山荘CC13番ホール。難易度も他の星レベル!? 写真:ゴルフ場提供
コースだけでなく、クラブハウスも個性的な新・西山荘CC 写真:ゴルフ場提供
距離感を合わせるのが難しいピートダイGCロイヤルCの12番ホール。アゲンストの風も難易度を上げる 写真:ゴルフ場提供
三角屋根が特徴のピートダイGCロイヤルCのクラブハウス。コースは栃木県の北西部に位置する 写真:ゴルフ場提供
設計コンセプトの集大成ともいえる、PGMマリアGLの17番ホールの浮島グリーン 写真:ゴルフ場提供

最新記事