同伴者のプレーを見る派? 見ない派!? 参考にすべき場面と見る必要がない場面の違いとは?

プロゴルファーも同伴者のスイングを「見る派」「見ない派」があり、選手それぞれに理由が存在しているようです。アマチュアの場合「見る派」「見ない派」の他に「見られたい派」「見られたくない派」もあるようですが、プレーの参考にするコツなどをインドアゴルフレンジKz亀戸店・筒康博ヘッドコーチに聞きました。

自分より前に打った人のプレーの影響を受けるのはゴルファーの「性」

 完全に「自分の世界」に入って18ホールをプレーすることなかなかできません。特に自分よりも前に打った人のショットやパットがミスしたときは、つられて同じミスをしてしまうことが頻繁に起こります。

自分よりも上級者のプレーやスイングを「見る派」と「見ない派」に分かれる
自分よりも上級者のプレーやスイングを「見る派」と「見ない派」に分かれる

 スイングやプレーが確立されているプロゴルファーでさえ、自分のプレーリズムが影響されないように、あえて同伴者のプレーを「見ない派」の選手もいれば、逆に参考になる選手を「見る派」の選手もいます。

 どちらにせよ、同伴者のスイングやプレーは「目から入って来る」ため、大なり小なりの影響はあるものです。

 そのうえで参考になるプレーは上手に影響を受けつつ、自分のリズムやプレーに悪影響がでないようにする方法を覚えておくことは必要です。

アプローチ&パターの「ボールの止まり方」は参考程度にはなる

 同じ場所から打つスクランブルゴルフでない限り、同伴プレーヤーと同じ場所から打つことはないので、「そっくりそのまま参考になる」という状況はほとんどありません。

アプローチやパターでの「ボールの止まり方」を「参考程度」に見るならアリ
アプローチやパターでの「ボールの止まり方」を「参考程度」に見るならアリ

 同伴者のプレーを「見ない派」であっても、グリーン周りのアプローチやパターでの「ボールの止まり方」などは「参考程度」にしている人はたくさんいます。

 パターの曲がり幅やアプローチの転がる距離まで「忠実に参考」にしてしまうのは、打ち方やクラブ&ボールの違いもあるのでオススメしません。

 プレーではなく「グリーンの状態を知る」という意味で見るなら、ライン読みや距離感に自信がない時には「参考になる」でしょう。

同伴者のボールの飛び方で「上空の様子」が分かる

【写真】「上空の様子」を参考にしないと乗らない!? 浮島グリーンがあるゴルフ場6選

画像ギャラリー

浮島には乗ったけれどバンカーに入った……ということもあり得るスリリングなセゴビアゴルフクラブ イン チヨダ14番パー3 写真:ゴルフ場提供
バンカーが浮島グリーンをぐるりと囲む、霞台カントリークラブ筑波コースの3番パー4 写真:ゴルフ場提供
島ヶ原カントリークラブ東コース7番の浮島グリーン。グリーン横の木も、存在感を主張する 写真:ゴルフ場提供
特徴的なバンカーが配されたセゴビアゴルフクラブ イン チヨダ8番パー3 写真:ゴルフ場提供
まさにミュアヘッドらしい、象徴的な新陽カントリー倶楽部7番パー3。風が抜けるホールなので、風に注意を 写真:ゴルフ場提供
傾斜にも気をつけないと危ないピートダイゴルフクラブ VIPコース14番パー3の浮島グリーン 写真:ゴルフ場提供
浮島グリーンのある京都ゴルフ倶楽部 上賀茂コース14番。グリーン周りの傾斜とバンカーに要注意 写真:ゴルフ場提供
スペイン南方の海岸「コスタ・ブラパ」に由来するセゴビアゴルフクラブ イン チヨダ17番パー3 写真:ゴルフ場提供
霞台カントリークラブ筑波コース3番のティーイングエリアから見た浮島グリーン 写真:ゴルフ場提供
左上に見える池が、浮島グリーンのある島ヶ原カントリークラブ東コース7番 写真:ゴルフ場提供
戦略性の高いレイアウトが特徴の島ヶ原カントリークラブ西コース。写真は3番パー4 写真:ゴルフ場提供
ピートダイゴルフクラブ VIPコース7番パー3は、グリーン手前の深いバンカーに注意が必要 写真:ゴルフ場提供
「大変きれいなコースと豪華なクラブハウスに圧倒されました」という声もあるピートダイゴルフクラブ VIPコース 写真:ゴルフ場提供
京都ゴルフ倶楽部 上賀茂コース4番ホールの1打目は浮島ティーグラウンドから。初っ端から緊張を誘う 写真:ゴルフ場提供
自分よりも上級者のプレーやスイングを「見る派」と「見ない派」に分かれる
アプローチやパターでの「ボールの止まり方」を「参考程度」に見るならアリ
打ち下ろしホールなど、風の影響やボールの飛び方など「上空の様子」を知るためには同伴者の「ボールの飛び方」は参考になる
1 2

最新記事