ヤバイ! スコアカウンター押すの忘れてた…orz ビギナーがスコアを数えられなくなったらどうすべき?

ラウンド中に打数が分からなくなった経験があるゴルファーは多いはずです。スコアを覚えやすくする方法や忘れてしまった際の適切な対処法をレッスンプロのハリー石川氏に聞きました。

ビギナーの自己判断が一番まずい

 ラウンド中はプレーをすることに必死になり、自身がいま何打目なのかうっかり忘れてしまった経験があるゴルファーは少なくないはずです。とくにラウンド経験が浅いビギナーの場合は打数が多いので、必然的に間違えてしまったり分からなくなったりすることはよくあります。

ビギナーの場合、チョロに次ぐチョロ…なども多いので、そもそも押し忘れているというのはよくあるでしょう 写真:AC
ビギナーの場合、チョロに次ぐチョロ…なども多いので、そもそも押し忘れているというのはよくあるでしょう 写真:AC

 しかし本人に悪気がなかったとしても、同伴者からは「スコアを過小申告するズルい人」と思われてしまう可能性があります。ではスコアを忘れにくく覚えやすくするためには、どのような対策をするのがベストなのでしょうか。ハリーゴルフスクールを経営するレッスンプロのハリー石川氏は以下のように話します。

「グリーン到達までに何打かかったのか、グリーンでは何打かけてカップインしたのかを分けて考えると数えやすくなると思います。年配のゴルファーの人はたまに、3オン2パットのことを『3年2組』と表現しますが、同じように6オン3パットだったから『6年3組』だと覚えると忘れにくくなります。ビギナーのなかにはスコアカウンターを利用する人もいますが、そもそもカウンター自体を押し忘れたり、それなりにラウンド慣れしてきたらすぐに使わなくなったりするので、個人的にはあまりオススメしていません」

 しかしどれだけ気をつけていても、スコアを忘れてしまうことはあります。もし自身のスコアが分からなくなった場合は、どのように対応するのがスマートなのでしょうか?

「自己判断で『9打ぐらいかな』とカウントするのではなく、同伴者に遠慮せずに聞くことが非常に大切です。スコアが分からなくなった地点やカートでスコアを入力する際に『自分は〇打だと思うのですが、合っていますかね?』といった感じです」

「実はゴルフはルールがしょっちゅう変わるスポーツなので、何事も自己判断で決めつけて処理を行うのは危険です。たとえば、カート道にボールがある場合はニヤレストポイントを見つけてそこを基点にドロップしますが、どこに落とすか微妙なときもあります。そのような場合は同伴者に『ここに落としますが、いいですか?』と一言声をかけて承諾をもらえれば、あとからとやかくいわれることはありません。同伴者と楽しく円滑にプレーするために大切なことは同意を得ることなので、分からなくなったら素直に聞くようにすると良いでしょう」

ビギナーが打数を正確にカウントするのはほぼ不可能

 ゴルファーのなかには同伴者のプレーを邪魔したりなるべく迷惑をかけたりしたくないと考えて、すべて自己判断で解決しようとする人もいるかもしれません。しかし、競技ゴルフでは必ずマーカーと呼ばれる役割が存在しており、同伴競技者のスコアを一緒に数えます。

 石川氏は「そもそも130打以上打つようなビギナーが打数を正確にカウントするのはほぼ不可能なので、経験のあるゴルファーが一緒に数えてあげるのがベスト」といい、次のように続けます。

「ゴルファーのなかには『スコアぐらい自分で数えろ』という人もいますが、ビギナーには酷な話です。私もラウンドレッスンの際は生徒のスコアを一緒に数えながらプレーしていますが、手助けするか大雑把なスコアの数え方で問題ないよと伝えてあげると安心してプレーに集中できるようになります」

 スコアの過少申告は同伴者を不快にさせてしまう可能性もありますが、ビギナーがそこにナーバスになり過ぎると、肝心のプレーがかえって滅茶苦茶になりかねません。間違いが起こらないように工夫しつつ、忘れてしまった際は思い切って上手な人に一緒に数えてもらうように頼んでみるといいでしょう。プレーに余裕のある上級者なら、あたふたしている本人よりもむしろプレーの詳細を覚えてくれているかもしれません。

【図解】意外と知らない…? 接待や上司とのラウンドで役に立つ「カートの上座・下座」&「行き帰りのクルマの上座・下座」を写真で解説

画像ギャラリー

キャディー付きの場合のゴルフカートの席順
セルフプレーの場合のゴルフカートの席順
行き帰りのクルマの席順(タクシーの場合、上司が運転する場合)
行き帰りのクルマの席順(社内のみの場合、お客様を乗せる場合)
ビギナーの場合、チョロに次ぐチョロ…なども多いので、そもそも押し忘れているというのはよくあるでしょう 写真:AC

最新記事