プロの「短パン着用OK」が話題だけど… アマチュアが爽快な夏ゴルフを楽しむための注意点をおさらい

ゴルフはスコアを追求するだけでなく、行き帰りやプレー中のドレスコード、振る舞いにも守るべきマナーがあります。では、夏ゴルフで守るべきマナーとは、どんなものがあるのでしょうか。

ゴルフシューズを履いて入場するのはNG

 8月8日開幕の国内男子ツアー「横浜ミナトチャンピオンシップ」で選手の短パン着用が認められたことが話題になっていますが、我々アマチュアの場合は、そもそも短パンをOKとする施設が多くなったおかげで、真夏でもカジュアルで爽快なゴルフを楽しめています。

 では、アマチュアが夏のゴルフで守るべきマナーや注意点には、どのようなものがあるのでしょうか。熱中症対策として準備しておきたい、オススメのアイテムと合わせて紹介していきます。

夏のゴルフの注意点は? 写真:PIXTA
夏のゴルフの注意点は? 写真:PIXTA

 まず大前提として、季節を問わずにたいていのゴルフ場でNGなのは、Tシャツやジーンズ、タンクトップ、サンダル、スニーカーといったラフすぎる服装です。

 また、夏はゴルフウェアで入場する人も多いですが、ゴルフシューズを履いて入場するのはNG。足元はきれいなスニーカーなどで上品にまとめると良いでしょう。キャップやサングラスなども外してから入場しましょう。

 ゴルフウェア以外で入場する場合は、ポロシャツなど襟付きのシャツに、チノパンやハーフパンツなどを合わせて、爽やかなスタイルを演出したいところ。薄手のジャケットを羽織るのもよいでしょう。

 ちなみに、普段はジャケット着用をマストにしていても、夏になると着用ルールを緩和するゴルフ場は多いです。服装のルールはゴルフ場や季節によって異なりますので、ホームページなどで事前に確認しておくのが無難です。

熱中症対策として用意しておきたいアイテム

 熱中症対策として用意しておきたいのが、日焼け止めやサングラス、スポーツドリンクなどを入れた保冷機能付きの水筒、スポーツ向けの氷嚢、塩分タブレット、汗拭き用のタオルなどです。

 多くのゴルフ場では「飲料向けの氷」や「氷嚢向けの氷」を用意してくれているので、スタート前やハーフターン時に補給して、身体を外からも内からも冷やせるようにしておきましょう。

 その他、冷感スプレーや制汗剤、虫よけグッズなどがあると、より快適なラウンドを楽しめます。塩分タブレットは多めに用意して、同伴プレイヤーなどに配ると喜ばれるでしょう。

 プレー中の服装は、襟付きあるいはモックネックの半袖ウェアに、短パン、女性であればスカートを合わせるのが快適でしょう。また、冷感機能付きのアンダーウェアやアームカバー、フェイスカバーもオススメです。

 キャップ類は直射日光を浴びてしまうサンバイザーでなく、頭頂部まで覆えるメッシュ入りのキャップやバケットハット、サンハットなどを選ぶといいでしょう。

 夏は着替え用の半袖ウェアをもう1枚用意しておくのがオススメです。ランチ前に着替えれば、汗のニオイが気になることも、汗ばんだ身体がクーラーで冷えすぎることもないでしょう。

 また、多くのゴルフ場では、ランチ時に冷たいおしぼりが出てきますが、顔や首筋を豪快に拭く行為は避けたいところ。ハーフターン時には化粧室に立ち寄って、顔や手を洗ってからレストランに向かう方がスマートです。

 カジュアルに楽しめる夏ゴルフですが、ドレスコードなどを事前に確認しつつ、爽快な夏ゴルフを楽しみましょう!

【写真】プレー中のマナーもしっかり守ろう! 同伴者が打つとき「立っていい場所」「ダメな場所」&バンカーのならし方

画像ギャラリー

怒られてしまう可能性がある立ち位置はココ!飛球線後方に立つのはマナー違反です
ショットをしようとしているゴルファーの邪魔にならない理想的な立ち位置はここ
ラインを踏む可能性があると思う時は「ここを踏んでも大丈夫ですか?」と同伴競技者に確認しよう
最初はレーキの刃のあるほうで砂を押すようにして
引き戻す
裏返して滑らかにならす
裏で滑らかにならしながら入った位置まで戻る
裏で滑らかにならしながら入った位置まで戻る
砂に残るレーキの線や跡がピンに向かって真っすぐになるよう、ピンの方向を意識しながらならす
アゴに近い傾斜の部分は押す力を強くして砂を戻してあげるように
もしアゴのそばにボールがあっても、アゴの側からバンカーに入ってはいけません
レーキを使い終わったらバンカーの手前の低いところに置く
夏のゴルフの注意点は? 写真:PIXTA

最新記事