「ビギナーはどのクラブにお金をかけるべきか」→答えが「パター」である納得の理由とは

「限られた資金の中で、思う存分ゴルフを楽しみたい……!」懐にあまり余裕がない若者ゴルファーは、どのクラブにお金をかけるべきか悩むかもしれません。では、どのクラブに一番お金をかけるのがベストなのでしょうか?

高いパターを購入するのもアリ

 コロナ禍で旅行などの行動が制限される中、3密を避けることができて運動不足を解消できるゴルフに興味を持ち、ゴルフを始めてみたという人は少なくないかもしれません。

どのクラブに一番お金をかけている? 写真:AC

 ゴルフは、クラブやボール、シューズなど必要な道具が多いスポーツなので、始める際にある程度の資金が必要になります。クラブハウス内にはドレスコードが存在するので、ゴルフウエアの購入が必須だったり、人によってはジャケットの購入が必要な人もいます。

 特に、若者ゴルファーの場合は使えるお金が限られていることが一般的なので「ゴルフが少しでも早く上達するために」「よりゴルフを楽しむために」どのクラブにお金をかけるかは悩むポイントです。

「ドライバー」「アイアン」「フェアウェイウッド」「ユーティリティー」「パター」などゴルフクラブにはさまざまな種類がありますが、どのクラブにお金をかけるのがベストなのでしょうか?

 レッスンプロの村井良行氏は、以下のように話します。

「一番最初に高いパターを購入してみるのも面白いかもしれません。アマチュアゴルファーの中にはパターを頻繁に替える人がいますが、あまり良くありません」

「パターは感覚や経験が大事なので、なるべく同じパターを長年使い続けた方が上達しやすいです。お手頃なパターを使用している人は、うまくいかなくなったとき、新しい違うタイプのパターに気軽に買い替えてしまいます」

「価格の高いパターを購入しておくと、もったいない精神が働き、簡単には買い替えられないことが逆に功を奏して、パターが徐々に上達していくなんてこともあります」

 パターはホールの長さを問わず使用する唯一のクラブなので、上達することで格段にスコアを縮めることができます。そのため、初めにパターにお金をかけると「パターの達人」になれるかもしれません。

ボールにお金をかけるのはスコア100を切ってから

 高いパターを購入する以外の選択肢としては、自分に合ったクラブを見つけることにお金を使うと良いと村井氏は話します。

「自分に合ったスペックのクラブを購入することにお金を使うと良いと思います。クラブの見た目や知名度だけで購入するのではなく、自分の力量に合ったものを購入すると長く使用できますし、スコアも早い段階でまとまりやすいです。場合によっては、フィッティングサービスを受けてみるのも良いかもしれません」

「また、スコア100を切るぐらいになったタイミングで、ボールにお金をかけるのも良いでしょう。最初はロストボールで十分ですが、よりスコアを突き詰めていくためにも、スピン性能が優れた高価格帯のボールを使用すれば、アプローチやパターの精度を高めていくことができます」

 このように、昨今ではさまざまなクラブが販売されているので、選択肢が多いです。どうしても、人間は道具に合わせてしまう習性があるため、オーバースペックのものを購入してしまうと、思うように上達しない可能性があります。

 そのため、購入前にフィッティングなどを行い、性能が良く自分に合ったもの選んでおくと長く使い続けられるでしょう。

 また、女性ゴルファーの場合は、おしゃれなウエアやキャディーバッグ、ヘッドカバーなど種類も豊富に販売されているので、そういったところにお金をかけてみても良いかもしれません。

 どの用具にお金をかけるかは人それぞれ異なるので、一概にこうするのがベストであるとは言い切れませんが、今後ゴルフを本格的に始めようと考えている人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

この記事の画像一覧へ(32枚)

画像ギャラリー

耐久撥水ライトゴルフパンツ 1900円(税込み) チャコール
耐久撥水ライトゴルフパンツ 1900円(税込み) グレー
耐久撥水ライトゴルフパンツ 1900円(税込み) ブルー
右ポケット部分にティー差し付き
内股部分にベンチレーション
耐久撥水ライトゴルフショートパンツ 1780円(税込み) チャコール
耐久撥水ライトゴルフショートパンツ 1780円(税込み) グレー
耐久撥水ライトゴルフショートパンツ 1780円(税込み) ブルー
耐久撥水ライトゴルフショートパンツ 1780円(税込み) ブラック
ドリップバイザーゴルフキャップ 1280円(税込み)
ドリップバイザーゴルフキャップ 1280円(税込み)
ドリップバイザーゴルフキャップ 1280円(税込み)
ドリップバイザーゴルフキャップ 1280円(税込み)
ナノフロント グリップショートソックス
ナノフロント グリップショートソックス
ナノフロント グリップショートソックス2足組 980円(税込み)
ナノフロント グリップショートソックス2足組 980円(税込み)
ナノフロント ゴルフグローブ 980円(税込み) ホワイト
ナノフロント ゴルフグローブ 980円(税込み) ホワイト
ナノフロント ゴルフグローブ 980円(税込み) ブラック
ナノフロント ゴルフグローブ 980円(税込み) ブラック
MOVE ACTIVE STRETCH半袖ポロシャツ 980円(税込み) ネイビー
MOVE ACTIVE STRETCH半袖ポロシャツ 980円(税込み) ブルー
MOVE ACTIVE STRETCH半袖ポロシャツ 980円(税込み) ブラック
MOVE ACTIVE STRETCH半袖ポロシャツ 980円(税込み) ホワイト
MOVE ACTIVE STRETCH半袖ポロシャツ 980円(税込み) ライムグリーン
ワークマンから全身が6120円でそろうゴルフウエアが登場
ワークマンから全身が6120円でそろうゴルフウエアが登場
ワークマンから全身が6120円でそろうゴルフウエアが登場
ワークマンから全身が6120円でそろうゴルフウエアが登場
ワークマンから全身が6120円でそろうゴルフウエアが登場
どのクラブに一番お金をかけている? 写真:AC

最新記事