「焼肉に行きたいです」 大会連覇&年間女王へ向け山下美夢有が最高の位置につける | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

「焼肉に行きたいです」 大会連覇&年間女王へ向け山下美夢有が最高の位置につける

終わってみれば2位に2打差をつける単独首位で最終日を迎えることとなった山下美夢有(やました・みゆう)。大会連覇と2年連続の年間女王へ向け死角はない。

「気持ち的にも乗らない感じでした」

◆国内女子プロゴルフ<JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 11月23~26日 宮崎カントリークラブ(宮崎県) 6497ヤード・パー72>

「焼肉に行きたいです」。明るい声が、取材エリアに響く。声の主は山下美夢有。2年連続の年間女王と、最終戦優勝に王手をかけた直後の言葉だ。

 女子ツアー最終戦JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ3日目、6バーディー、2ボギー、1ダブルボギーでプレーして通算8アンダーとした山下は、2位の森田遥に2打差の単独首位に立った。

前半9ホールは苦戦したものの、終わってみれば2位に2打差の単独首位に立った山下美夢有 写真:Getty Images
前半9ホールは苦戦したものの、終わってみれば2位に2打差の単独首位に立った山下美夢有 写真:Getty Images

 昨季は、すでに年間女王のタイトルを決めての最終戦だったが首位タイで最終日を迎え、追いついた勝みなみとプレーオフ。それを制して有終の美を飾っている。

 今季は単独首位で最終日に臨むことになるが、この日のゴルフは決して楽なものではなかった。

「私の持ち味はフェアウェーキープなのに、前半は左右に曲がっていた」と振り返る苦しいスタート。3番パー4をバーディーとした後、7番パー4でボギー。8番はダブルボギーとして悪い流れが強くなりかけた。

「結構、気持ち的にも乗らない感じでした」とモヤモヤしたムードが漂うラウンド中盤。だが、無理に気持ちを切り替えるのではなく、プレーそのもので流れを一気に変えて見せた。

 11番パー5の第2打がそれだ。残り230ヤードの第2打を3番ウッドで打ち、約10メートルに2オン。ここからきっちり2パットで収めバーディー。「今日イチでした」というショットで、いいイメージを蘇らせてテンポもつかんだ。 

 12番パー3ではティーショットを約1メートルにピタリとつけてバーディー。最後のパー5となる13番はレイアップからの6メートルを沈めて3連続バーディーとし、通算7アンダーで首位の森田遥に並んだ。

 15番パー4はボギーにしたが、16、17番も連続バーディーで通算8アンダー。上がってみれば森田に2打差、蛭田みな美、高橋彩華には3打差の単独首位で、2年連続優勝に最も近いポジジションにしっかりとつけた。

 初日、2日目と同じ組でプレーした年間女王タイトルを争う申ジエは、この日3組前でプレーしていたが、それを気にすることもなかった。

「必死だったので。自分のことしか考えてなかったです」というが、集中力も高かった。

 最後の戦いに向けて「まずはショットの修正をします。思い切ってプレーできるようにしたいので。ノーボギーでラウンドできるようなマネジメントをしていきたい」と、勝利への青写真を描いた山下。

 そのエネルギーとなるのが「昨日行くつもりが行けなったので、今日は行きたい」と、楽しみにしている焼肉だ。

 今年もまた、宮崎の地で最高の形でシーズンを終えるのか。山下の栄光への戦いが大詰めを迎えている。

【動画】2人ともストロークが気持ちよすぎる! 山下美夢有と申ジエのナイスバーディー合戦 実際の映像

【写真】大王製紙エリエールレディスで確定 主なシード喪失選手

画像ギャラリー

51位 堀琴音 写真:GettyImages
62位 サイ・ペイイン 写真:GettyImages
64位 金田久美子 写真:GettyImages
66位 三ヶ島かな 写真:GettyImages
71位 渡邉彩香 写真:GettyImages
73位 セキ・ユウティン 写真:GettyImages
86位 大里桃子 写真:GettyImages
前半9ホールは苦戦したものの、終わってみれば2位に2打差の単独首位に立った山下美夢有 写真:Getty Images
1 2 3

最新記事