藤田寛之は日本勢初の全米シニアオープン制覇ならず プレーオフでイングランドの51歳・リチャード・ブランドに敗れる

悪天候により順延になっていた米シニアメジャー第3戦「全米シニアオープン」の第4ラウンドが終了。

藤田寛之は1969年生まれの55歳

◆米国男子プロゴルフ シニアメジャー第3戦<全米シニアオープン 6月27~30日 ニューポートCC(ロードアイランド州) 6954ヤード・パー70>

 悪天候により順延になっていた米シニアメジャー第3戦「全米シニアオープン」の第4ラウンドが終了。

藤田寛之 写真:Getty Images
藤田寛之 写真:Getty Images

 藤田寛之が3バーディー、4ボギーの「71」でプレー。通算13アンダーで並んだ51歳のリチャード・ブランド(イングランド)とのプレーオフに突入。

 プレーオフはまず10番と18番の合計スコアで競い、同スコアの場合は18番の繰り返しとなる。最初の10番と18番の2ホール目までは両者パー。

 18番の3ホール目でパーパットを外した藤田に対し、ブランドがパーで上がり勝負あり。

 米シニアメジャー優勝となれば、2013年「全米シニアプロ」を制した井戸木鴻樹に次いで日本勢2人目の快挙だったが、もう一歩のところでタイトルを逃した。

 藤田はこの日、後続に3打差をつけ11番から残りの8ホールをプレー。出だしの11番でティーショットを深いブッシュに入れると、このホールをボギーとし、続く12番、14番でもボギーを叩いた。

 3打差の10アンダー3位にリチャード・グリーン(オーストラリア)、9アンダー4位にスティーブ・ストリッカー(米)が続いた。

 藤田は1969年生まれの55歳で出身は福岡県。専修大を経て1992年にプロ入りし、97年に「サントリーオープン」でツアー初優勝。最終戦の「ゴルフ日本シリーズJTカップ」で史上初の3連覇を飾った12年は、年間4勝を挙げて賞金王を獲得した。19年に50歳となってからもレギュラーツアーで活躍し、23年連続で賞金シードを確保。22年「スターツシニアゴルフトーナメント」でシニアツアー初優勝。同年8月「マルハンカップ」でシニア2勝目。23年「日本シニアオープン」でシニアメジャー初優勝。葛城ゴルフ倶楽部所属。

<最終成績>
優勝/-13/リチャード・ブランド
2位/-13/藤田寛之
3位/-10/リチャード・グリーン
4位/-9/スティーブ・ストリッカー

<米メジャー歴代日本人優勝者>
樋口久子 全米女子プロゴルフ選手権(1977年)
井戸木鴻樹 全米プロシニア選手権(2013年)
渋野日向子 全英女子オープン(2019年)
松山英樹 マスターズ(2021年)
笹生優花 全米女子オープン(2021・2024年)

【動画】え? 244ヤードを1ピンに!? 藤田寛之が全米シニアオープン3日目に“モンスターパー3”で見せたスーパーショット!!

【写真】バレたら永久追放!? これがマスターズで“持ち込み厳禁”の品目です

画像ギャラリー

スマホ完全禁止のマスターズでは、外部と連絡をとる手段は公衆電話のみ
「禁止されている品目」として、大きく注意喚起されている
電子機器(携帯電話、ノートパソコン、タブレット、ポケットベル等)、ラジオ、テレビや音楽再生機器、旗、横断幕等、カメラ(静止画を個人的に使用するだけなら練習日は撮影可能)、足先の尖ったイス、折り畳みのひじ掛けイス、折り畳みでないイス、ベビーカー
飲食物、メタルスパイクシューズ、はしご、潜望鏡、セルフィー・スティック、約25センチ×25センチ×30センチ以上のリュックやバッグ
藤田寛之 写真:Getty Images
1 2

最新記事