笹生優花が全米女子オープンを初制覇!畑岡奈紗とのプレーオフ制す

“新世紀世代”の19歳、笹生優花が全米女子オープンを制覇した。最終日は1打差2位からスタートし、通算4アンダーで並んだ畑岡奈紗とのプレーオフ3ホール目でバーディーを奪ってメジャー初制覇を成し遂げた。

◆海外女子プロゴルフ<全米女子オープン 6月3日~6日 オリンピッククラブ・レイクコース(米カリフォルニア州) 6457ヤード・パー71>

笹生優花が大会史上最年少記録で優勝

 プレーでも精神面でも、まさにギリギリのところを耐えしのんで勝ち取った優勝だった。

 笹生優花は最終ラウンドを1打差2位からスタート。2番と3番で連続ダブルボギーにするなど、一時は首位のレキシー・トンプソンと5打差まで後退。しかし、最後まで諦めずに、終盤の16、17番で連続バーディーを奪って見せると、3バーディー、1ボギー、2ダブルボギーの73で回り、通算4アンダー。畑岡奈紗と並んで、日本人選手同士のプレーオフに突入した。

笹生優花選手 写真:Getty images

 プレーオフは両者ともに2ホールでパー。サドンデスに変わった3ホール目のプレーオフでバーディーを奪い決着をつけた。

 19歳351日での大会制覇は、2008年のパク・インビ(韓国)を2日更新する大会史上最年少記録となった。また、笹生は日本人の父・正和さんとフィリピン人の母との間に生まれ両方の国籍を持っているが、東京五輪にはフィリピン代表として出場する予定。日本勢としては1977年の全米女子プロゴルフ選手権を制した樋口久子、2019年の全英女子オープンを制した渋野日向子に続く3人目のメジャー覇者となった。

 試合後のインタビューで、「日本とフィリピンのファン、友達にありがとうと言いたい。これからもっと頑張っていきたい。とにかく家族にありがとうと言いたい。家族がいなければ、私は今ここにいなかった」と涙を流した。

 同行した父の正和さんも涙が止まらなかった。「子どもの夢を叶えさせるのが目的だったから…やっとできた。勝てて良かったです。こんなに早く勝ててね。あんまりモノを欲しいと言わないタイプ。あのカップが一番欲しかった」と、二人三脚で夢を叶えた瞬間を噛みしめていた。

悲願のメジャー初制覇を逃した畑岡奈紗

畑岡奈紗選手 写真:Getty images

 一方の畑岡奈紗もプレーオフで敗れ、悲願のメジャー初制覇を逃したが、最後はすがすがしい表情を見せていた。

「今週始まる前に調子も上がっていたのでメジャー優勝は目指したいなというのはあった。プレーオフで負けたのは残念だけど、レベルアップしていると思う」。

 ちなみに二人は全米女子アマでも戦い、そのときはベスト16で笹生が勝った。切磋琢磨してきたライバルが最高峰の舞台で戦う日がようやく訪れた。笹生は今回の優勝で米ツアーメンバーになることを正式に決めた。笹生と畑岡はこれからも一目置かれることになるだろう。重圧をはねのけ米ツアーで大暴れしてもらいたいものだ。

祝福を受けて水をかけられる笹生選手!(6枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/GettyImages-1322213682リサイズ-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/GettyImages-1322210590リサイズ-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/GettyImages-1322212051リサイズ-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/GettyImages-1322208672リサイズ-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/GettyImages-1322208758リサイズ-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/GettyImages-1322206478リサイズ-150x150.jpg

最新記事