プレーオフ1勝5敗の悪夢を振り払った細川和彦がシニア初V!ルーキーでの賞金王も射程に

国内シニアツアー第15戦・コスモヘルスカップ最終日はプレーオフに持ち込まれ、小山内護との同級生対決を制した細川和彦がシニアツアー初優勝を飾った。賞金ランキング2位の細川は最終戦のいわさき白露シニアゴルフトーナメントで優勝すると、賞金王のチャンスも出てきた。

「シニアでも勝てないのかと思った」

◆日本男子シニアプロゴルフ<コスモヘルスカップシニアゴルフトーナメント 11月5~6日 平川カントリークラブ(千葉県) 6819ヤード・パー72>

 まるで26年前にタイプスリップしたかのような光景だった。国内シニアツアーのコスモヘルスカップ最終日、小山内護とのプレーオフを制し、シニア初優勝を決めた細川和彦の両目から熱いものがこぼれ落ちていく。

今回の優勝で賞金王のチャンスも出てきた細川和彦 写真提供:日本プロゴルフ協会

「出迎えていただいた(高橋)勝成さんの顔を見た瞬間、思わず泣けてきちゃいました」と細川。

 1995年の久光製薬KBCオーガスタゴルフトーナメントでツアー初優勝を飾ったときも嬉し涙が止まらなかった。「当時と同じぐらい今回の優勝もうれしかったです」と振り返る。それだけシニア初優勝の重みも感じていた。

 昨年の12月に50歳を迎えた細川は、今年の開幕戦である金秀シニア沖縄オープンがシニアデビュー戦となった。そこでいきなり3位タイに入る。手応えを感じた細川はその後も2位3回を含むトップテン入りが7回と順調なシーズンを送るが、優勝まではあと一歩届かなかった。

「正直、深堀(圭一郎)さんとのプレーオフになった北海道ブルックスMORE SURPRIZE CUPで負けたときは、もう優勝できないのかと思いました」と好調だったからこその苦しさを吐露した。
 
 今度こそと思って臨んだ第15戦は、初日に66をマークして首位の小山内と1打差の2位につける。最終日も積極的に攻めた細川は16番までにスコアを5つ伸ばし、小山内に対して逆に2打差のリードをつける。ところが、17番でボギーを叩くと、18番でもティーショットがバンカー内の足跡につかまり、ボギー。小山内に並ばれてしまった。

「正直、プレーオフには持ち込みたくはなかったですね」という細川。レギュラーツアー時代から含めると、プレーオフの戦績は1勝5敗と分が悪かったからだ。しかも、今回は日体大荏原高校時代の同級生でもある小山内が相手だった。

「同じクラスで卒業写真では隣同士で写っていた仲ですからね。やりやすいような、やりにくいような感じでした」。その気持ちは小山内にもあったのか、ティーショットを左に大きく曲げたことで小山内はボギーを叩く。結局、パーセーブした細川に軍配が上がった。

過去の実績を捨てなければ前に進めないといわれた

 優勝した細川を出迎え、ウォーターシャワーを浴びせたのは、高橋の他に、寺西明、中山正芳がいた。聞けば、普段からの練習仲間だという。

同級生・小山内護とのプレーオフを制して、シニア初優勝を果たした細川和彦 写真提供:日本プロゴルフ協会

「高橋さんとは以前から交流があり、食事にも誘っていただくことが多かったんです。昨年、シニアにきたら一緒に練習しないかと誘われて、ぜひお願いしますと答えました」

 ツアーが始まると高橋の仲間である寺西や中山を紹介された。「寺西さんは賞金王にもなっていますし、いろいろと勉強させてもらうことが多いですね」と、技術面でのメリットもあるが、3人と行動を共にすることで、ルーキーながらすんなりとシニアツアーに溶け込むことができたことが最も大きかった。
 
 また、高橋からもコースマネジメントのアドバイスを受けていたが、それ以上の金言をもらっていたという。

「過去は過去でこれからがスタートだよと。過去の実績を捨てないと前には進めないからねと。それが頭に残っていたので開幕からいい結果を残せているんだと思います」と感謝する。

 今回のプレーオフを迎える直前に、寺西から「絶対勝てよ、負けるなよ」と肩を叩かれた細川。“ヨシッ!”と気合いが入ったらしいが、実は昨年の日本プロゴルフシニア選手権でもプレーオフに臨む中山の肩を寺西は叩いて励ましていた。

 すると、中山も細川と同じように1ホール目で清水洋一を下して初優勝を達成した。縁起のいい励ましだが、孤独な戦いを強いられるツアープロだからこそ、仲間の応援が大きなパワーとなることを改めて感じることができた。

 今回の優勝で賞金王の目も出てきた細川。現在賞金ランキング1位の篠崎紀夫とは810万9570円あるが、最終戦のいわさき白露シニアゴルフトーナメントで優勝すると逆転できる。レギュラーツアーでも、99年に賞金ランキング2位で最終戦を迎えて、勝てば賞金王という状況で予選落ちを喫した苦い思い出もある。「当時のこともいろいろ思い出しちゃいますよね」といいつつも、そのリベンジを22年越しに晴らすつもりだ。

男女のレギュラーツアーも佳境! 賞金ランキングをおさらいする

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/inami_2021TOTO_GettyImages-1351765210-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/kinoshita_theopen-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/furueayaka_2021TOTO_GettyImages-1351779280-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/c_kim_2021vantelin_PIC2021100316553008700061_M-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/koiwai_cat_20210823_GettyImages-1335539433-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/PIC2021042515253623300001_S-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/20211106054655_1-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/20211106054458_1-2-150x150.jpg

最新記事