古江彩佳が単独3位! 渋野日向子は最終日「69」の7位タイでフィニッシュ【米国女子ゴルフ】

LPGAドライブオン選手権で古江彩佳がトップに1打及ばず、通算19アンダーの単独3位でフィニッシュした。渋野日向子も最終日「69」で7位タイに入った。

古江彩佳は1打及ばず3位、米ツアー2勝目を逃す

◆米国女子プロゴルフ<LPGAドライブオン選手権 3月23~26日 スーパースティションマウンテンG&CC(アリゾナ州) 6526ヤード・パー72>

 米女子ツアー参戦2年目となる渋野日向子は、最終日を「69」で回り、通算16アンダーの7位タイでフィニッシュした。初日は「74」と出遅れたが、2日目は「64」の米ツアー自己ベストをマーク。3日目も「65」で2日連続のノーボギーで猛チャージし、最終日は優勝圏内へ入った。

 今大会はアプローチの小技とパターが冴え、最終日も6つのバーディーを奪ったが、ボギーも3つ叩いた。それでもアンダーパーでのホールアウトで堂々のトップ10入りを果たした。

惜しくもツアー2勝目とはならなかったが好調を維持している古江彩佳 写真:Getty Images
惜しくもツアー2勝目とはならなかったが好調を維持している古江彩佳 写真:Getty Images

 試合後、渋野は「ちょっと悔しいかなという内容。ビッグスコアを出さないと勝てないとは思っていた。最初から攻めた結果がこうなっちゃったかな」と振り返っていた。

 また、古江彩佳は首位と4打差からスタートし、7バーディーと猛追して首位でホールアウト。だが、ジョージア・ホール(イングランド)とセリーヌ・ブティエ(フランス)に抜かれ、トップに1打及ばず通算19アンダーの単独3位でフィニッシュ。惜しくも米ツアー2勝目を逃した。

 笹生優花は通算13アンダーの23位タイ、米ツアーデビュー戦となった勝みなみは予選通過を果たして通算3アンダーの74位。

 一方、こちらも米ツアーデビュー戦となった西村優菜は初日「70」、2日目「72」でカットラインに1打及ばず「何をやってもうまくいかなかった」と予選落ちだった。西村は今週の「DIOインプラントLAオープン」出場はウェイティング2番手だが、出場権を得るためにマンデートーナメントにもエントリーしている。また、上原彩子も通算2オーバーで予選落ちとなった。

【写真】古江彩佳は何位? 主な日本人選手の米女子ツアーポイントランキング

画像ギャラリー

6位 469.750ポイント 古江彩佳 写真:Getty Images
11位 295.878ポイント 笹生優花 写真:Getty Images
14位 246.000ポイント 畑岡奈紗 写真:Getty Images
16位 122.500ポイント 渋野日向子 写真:Getty Images
94位 1.600ポイント 勝みなみ 写真:Getty Images
惜しくもツアー2勝目とはならなかったが好調を維持している古江彩佳 写真:Getty Images

最新記事