馬場咲希の爆発力に期待! 日本の女子アマ3名がマスターズの舞台・オーガスタナショナルに挑む

オーガスタナショナル女子アマチュアは予選ラウンド2日間をプレーし、通算2オーバー28位タイまでの31人が予選を通過。通算世界アマチュアランキング1位のローズ・チャン(米)が、通算13アンダーで2位に5打差をつける単独首位で最終日に臨む。日本勢は馬場、荒木優奈の17歳コンビと、20歳で昨年大会では予選落ちした六車日那乃の3人が通算イーブンパー・14位タイで決勝ラウンドに駒を進めた。

28位タイまでの31人がオーガスタナショナルでの決勝ラウンドに

◆海外アマチュア競技<オーガスタナショナル女子アマチュア 3月29日~4月1日 オーガスタナショナルGC、チャンピオンズリトリートGC(ジョージア州)>

 日本時間の今夜、マスターズの舞台であるオーガスタナショナルGCで、馬場咲希ら日本の女子3名が世界のトップアマたちと激突する。

 第4回オーガスタナショナル女子アマチュアは、現地時間29日に開幕。チャンピオンズリトリートGCを舞台に行われた予選ラウンドで、20カ国から72名の選手たちが集結。いずれも将来、各国の女子ゴルフを背負う可能性の高い面々だ。36ホールの予選ラウンドを突破すれば、来週マスターズが行われるオーガスタナショナルでの決勝ラウンドに進めるとあって、目の色を変えてプレーしていた。

オーガスタ女子アマ予選2日目をプレーする馬場咲希 写真:Getty Images
オーガスタ女子アマ予選2日目をプレーする馬場咲希 写真:Getty Images

 日本勢は、昨年の6人を大幅に上回る10人が大挙して出場。全米女子アマに優勝し、日本勢最高の世界アマチュアランキング3位にいる馬場咲希は優勝候補の一人だ。

 さらに21年大会を制した梶谷翼、同年のアジアパシフィック女子アマで優勝し、今年1月にはオーストラリア女子アマにも勝っている東北福祉大学3年の橋本美月らは、いずれも世界の舞台で結果を出している。他にも世界アマチュアランキング6位で、プロゴルファー吉田優利の妹、吉田鈴らもおり、マスターズを前に現地を盛り上げている。

 すでに予選ラウンド2日間をプレーし、通算2オーバー28位タイまでの31人が予選を通過。通算世界アマチュアランキング1位のローズ・チャン(米)が、通算13アンダーで2位に5打差をつける単独首位で最終日に臨む。日本勢は馬場、荒木優奈の17歳コンビと、20歳で昨年大会では予選落ちした六車日那乃の3人が通算イーブンパー・14位タイで決勝ラウンドに駒を進めた。

 一方、梶谷、橋本、吉田、寺岡沙弥香、上田澪空、新地真美夏、伊藤二花の7人は、残念ながら予選を通過することはできなかった。

 4月1日の18ホールで決勝ラウンドを行う54ホールストロークプレー。ただし、予選ラウンドと決勝ラウンドの間にある“空白の1日”には、予選落ちした者を含めて出場選手全員がオーガスタナショナルGCで練習ラウンドを行うことができる。世界トップの女子アマたちへの粋な計らいだが、もちろん、誰もが夢舞台での決勝ラウンドを目指してプレーしたのは言うまでもない。

 日本勢の決勝進出者はいずれも首位と13打差という状況で最終日に臨むことになるが、馬場は昨年の全米女子アマで圧倒的な強さを見せた底力の持ち主。大舞台で世界中をあっと言わせるプレーをすることができれば、可能性は広がる。今回、馬場には松山英樹のキャディーとしてオーガスタナショナルの地を踏んだ経験を持つ、進藤大典氏という強い見方もついている。六車、荒木も含めた最終日の大まくりに期待が集まる。

 マスターズの週にはゴルフ一色に染まるジョージア州の小さな街、オーガスタ。マスターズ前週に一足先に街を盛り上げる女子決戦、今年はどんなドラマになるのか。オーガスタナショナルGCでプレーした経験が、女子のトップアマたちの今後にどんな影響を与えるのか。大会だけでなく、将来を考えながら見るのも楽しみだ。

【動画】巨大グリーンを見事に攻略! 馬場咲希の16番チップインの映像

【写真】オーガスタ女子アマに出場した日本女子10名の顔触れ

画像ギャラリー

梶谷翼 写真:大会提供
馬場咲希 写真:大会提供
寺岡沙弥香 写真:大会提供
荒木優奈 写真:大会提供
吉田鈴 写真:大会提供
六車日那乃 写真:大会提供
橋本美月 写真:大会提供
新地真美夏 写真:大会提供
伊藤二花 写真:大会提供
上田澪空 写真:大会提供
オーガスタナショナル女子アマ初日のプレー中に笑顔を見せる馬場咲希 写真:Getty Images
オーガスタ女子アマ2日目16番でチップインバーディーを決める馬場咲希 写真:Getty Images
オーガスタ女子アマ予選2日目をプレーする馬場咲希 写真:Getty Images
1 2

最新記事