ミスしか出ないのは“形だけ”マネするから! 理想のハンドファーストになるインパクト後の動きとは? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

ミスしか出ないのは“形だけ”マネするから! 理想のハンドファーストになるインパクト後の動きとは?

アマチュアが憧れるアイアンショットでのハンドファーストインパクト。確かに目指すべきアイアンスイングの型の一つですが、「形だけ」を意識するスイング作りには弊害が出る危険性があるとPGAティーチングA級・横山健司プロは話します。

ハンドファーストインパクトはボールよりグリップが先行した「瞬間の形」

 アイアンショットでボールよりもグリップが先行したハンドファーストでインパクトすることは、アマチュアが憧れる「形」の一つですよね。確かにこのインパクトはカッコいいですし、ダフリも出にくくなりロフトが立った状態でインパクトするので飛距離がしっかり出やすくなります。

「形だけ」を意識したハンドファーストインパクトでは様々な弊害が起こる
「形だけ」を意識したハンドファーストインパクトでは様々な弊害が起こる

 しかし、この「形だけ」を意識したスイング作りや練習はオススメしません。なぜなら、全体のスイングの流れの中で起こる「瞬間の形」でしかないからです。

 とはいえ、ハンドファーストで打つこと自体は非常に大事な基本の一つです。みなさんが自然に習得するための方法をレクチャーしたいと思います。

インパクト後の「次のコマ」が重要! クラブヘッドの「動き」に着目する

 スイング全体の流れの中で生まれるインパクトのハンドファーストなのか、それとも「形だけ」意識して作ったものなのかは「次のコマ」に表れます。

 フォロースルーにかけてヘッドがグリップを追い越すように大きな弧を描いて行くのが正しいハンドファーストインパクトです。

インパクト後の「次のコマ」では、右写真のようにヘッドがグリップを追い越すようにリリースされていくのが、全体スイングの流れで作られるハンドファースト
インパクト後の「次のコマ」では、右写真のようにヘッドがグリップを追い越すようにリリースされていくのが、全体スイングの流れで作られるハンドファースト

 ボールに当たった後に、まるで固まってしまったようにフォロースルーに移れないインパクトは、単にロフトを立てただけです。このスイングではウェッジやショートアイアンだけは低い弾道で飛距離が出るのですが、ミドルアイアンではボールが全く上がらず番手間の距離差が生まれなくなってしまいます。

形よりも「タイミング」重視! インパクト「前後」をチェックする

この記事の画像一覧へ(3枚)

画像ギャラリー

「形だけ」を意識したハンドファーストインパクトでは様々な弊害が起こる
インパクト後の「次のコマ」では、右写真のようにヘッドがグリップを追い越すようにリリースされていくのが、全体スイングの流れで作られるハンドファースト
インパクト「前」ではグリップが先行し、インパクト「後」にヘッドが追い越す。スイングの流れの中でタイミングよく「通過点」であるハンドファーストインパクトを目指そう
1 2 3

最新記事