ABEMA初優勝の北村晃一は北村晴男弁護士の長男! 大活躍の竹田麗央など有名人を親に持つプロには誰がいる?

過去にも福島晃子や東尾理子など、プロ野球選手を父親に持つプロゴルファーはいました。先日、ABEMAツアーで初優勝を飾った北村晃一はテレビで有名な北村晴男弁護士の長男です。そこで、改めて「両親に有名人を持つ」プロについて調べてみました。

プロゴルフ界には有名人の息子・娘がけっこういる

 5月29~31日に開催されたABEMAツアー(男子下部ツアー)の「太平洋クラブチャレンジトーナメント」で、北村晃一選手が待望のツアー初優勝を挙げました。北村選手は数々のテレビ出演で全国的な知名度を誇る弁護士・北村晴男さんの長男。

 自身も弁護士を目指すため中央大学法学部に進学しましたが、大学4年からプロゴルファーを目指し、2009年のプロテストに合格しました。

 筆者はプロテスト合格直後にゴルフ雑誌の対談取材で北村選手と北村弁護士の話を聞いたことがあり、それ以来、北村選手の戦績に注目していました。しかし本格的にゴルフを始めたのが遅かったこともあり、苦戦を強いられていました。それが39歳でツアー初優勝を手にするなんて素晴らしい快挙です。

母親がプロゴルファーの平瀬哲子さん、母親の妹が1993年と1994年の賞金女王・平瀬真由美さんという竹田麗央 写真:Getty Images
母親がプロゴルファーの平瀬哲子さん、母親の妹が1993年と1994年の賞金女王・平瀬真由美さんという竹田麗央 写真:Getty Images

 おそらくツアー会場では「北村弁護士の息子さん」といわれ続けてきたでしょう。それは今後も続くかもしれませんが、ABEMAツアーで1勝を挙げたことで周囲の反応が変わることを期待したいです。

 プロゴルフ界には北村選手だけでなく、父親や母親が有名人の選手が何人もいます。その中で今年大ブレイクを果たしたのが女子ツアーで3勝を挙げている竹田麗央選手です。母親がプロゴルファーの平瀬哲子さん、母親の妹が1993年と1994年の賞金女王・平瀬真由美さんという家庭環境で育った竹田選手は、アマチュア時代から「平瀬真由美の姪」「平瀬哲子の娘」という肩書をつけられてきました。

 それが今年は、そんな肩書を吹き飛ばすほどの快進撃を繰り広げています。このままの勢いで2024年シーズンを駆け抜ければ、「2024年の年間女王に輝いた竹田麗央選手は、叔母さんも賞金女王になったことがあるプロゴルファーなんだって」といわれる日が訪れるかもしれません。

 母親がプロゴルファーでもう1人、シード選手として活躍しているのが川岸史果選手です。川岸選手は父親がツアー6勝を挙げている川岸良兼選手であることが知られていますが、母親もプロゴルファーで、1990年プロ入会の喜多麻子さんです。2023年6月の「リシャール・ミル ヨネックスレディス2023」でツアー2勝目を挙げたときはキャディーとしてサポートしていました。

 QTランキング6位で2024年のレギュラーツアーに出場している木戸愛選手は、父親が新日本プロレスで活躍した元プロレスラーの故・木戸修さんです。2012年7月の「サマンサタバサレディース」以来、ツアー優勝から遠ざかっていますが、復活が待ち望まれています。

 QTランキング17位で2024年のレギュラーツアーに参戦している工藤遥加選手は、父親が福岡ソフトバンクホークス元監督の工藤公康さんであることが広く知られています。2023年5月のステップ・アップ・ツアー(女子下部ツアー)「ツインフィールズレディーストーナメント」でツアー初優勝を挙げ、今シーズンはレギュラーツアー初優勝を目指しています。5月の「RKB×三井松島レディス」4位タイ、「リゾートトラストレディス」8位タイと調子を上げています。

親の知名度を超えられるかどうかは自分次第

 レジェンズツアー(女子シニアツアー)を主戦場にしている福嶋晃子選手と福嶋浩子選手の父親は、横浜大洋ホエールズ(現横浜DeNAベイスターズ)のキャッチャーとして活躍した元プロ野球選手の福嶋久晃さんです。

 福嶋晃子選手は1996年と1997年に2年連続で賞金女王に輝き、1999年にはLPGAツアー(米国女子ゴルフツアー)で2勝を挙げているので(国内24勝、海外2勝)、プロ入り当初は父親の知名度が高かったですが、活躍した後は娘の知名度が高くなりました。

 一方、父親の知名度を超えることはできなかったものの、同じくプロ野球選手の娘として女子ツアーを盛り上げたのが東尾理子選手です。父親は西武ライオンズ(現埼玉西武ライオンズ)のエースとして活躍した東尾修さんです。

 こうして現在から過去を振り返ってみると、いろんな有名人の息子さんや娘さんがプロゴルフの世界に挑戦しています。でも当然のことながら、親の知名度がゴルフの成績に結びつくわけではありません。有名人の息子・娘と言われ続けることに反発したくなる時期もあったでしょうが、自分で選んだ道ですから自分らしく戦い続けてほしいと思います。

【動画】相変わらず野球がうまい竹田麗央と“わたわた”した動きの小祝さくら これが実際の投稿です

この記事の画像一覧へ(5枚)

画像ギャラリー

小祝さくらのスタッフのインスタグラム(@sakurakoiwai_staff_official)より
小祝さくらのスタッフのインスタグラム(@sakurakoiwai_staff_official)より
小祝さくらのスタッフのインスタグラム(@sakurakoiwai_staff_official)より
小祝さくらのスタッフのインスタグラム(@sakurakoiwai_staff_official)より
母親がプロゴルファーの平瀬哲子さん、母親の妹が1993年と1994年の賞金女王・平瀬真由美さんという竹田麗央 写真:Getty Images
1 2

最新記事