キャロウェイ2022年モデル「ローグST」ドライバーだけで一挙7モデルがR&Aの適合リストに!

まだキャロウェイから正式発表されていませんが、1月3日のR&Aコンフォーミング(適合)リストにはキャロウェイの2022年モデルと思われる「ローグST」シリーズが掲載されました。そこからわかった特徴とは?

一般向けが4タイプでツアーモデルが3タイプ

 キャロウェイゴルフの2022年モデル「ローグST」。R&Aコンフォーミング(適合)リストを見ると今回の「ローグST」にはまず「ローグST MAXシリーズ」と「ローグ ST トリプルダイヤモンドシリーズ」があるようです。そして「ローグST MAXシリーズ」だけでも「ローグST MAX」「ローグST MAX LS」「ローグST MAX D」「ローグST MAX FAST」の4タイプをラインナップしています。

シリーズの中で最も中核となるであろう「ローグST MAX」ドライバー(画像はR&Aコンフォーミングリストより)

 モデル名から分かる特徴として「LS」はロースピンタイプ、「D」はドローバイアスのつかまり系、さらに「FAST」は軽量タイプだと推測できます。

 そして、前作の「エピックスピード」でもツアーモデルにあったトリプルダイヤモンドは「ローグ ST トリプルダイヤモンド」「ローグ ST トリプルダイヤモンドLS」「ローグ ST トリプルダイヤモンドS」の3タイプ。こちらも「LS」はロースピンで「S」はややヘッド体積が小さいタイプのようです。

高慣性モーメント化で直進性をアップした?

 R&Aコンフォーミングリストに記載された特徴を見ると、今作でもフェース裏側に配置された2本の柱からなるフレーム「ジェイルブレイクテクノロジー」が継承されていることは間違いなさそうです。

 さらに写真から分かるのは、ソール後方部分に2本のレールのようなものがあり、最後部にウエートらしきものが装着されていること。これは、おそらく後方側に重量を配置することで慣性モーメントを高くして、さらなる直進性アップを図っていると思われます。またフェースの素材には「フラッシュフェース SS22」という記載があり、どうやらフェースにも新テクノロジーが投入されているようです。

 今回のリストで気になったのは、レフティモデルが3モデル登録されており、「ローグST MAX LS」にはロフト7.5度があることです。これはおそらく、同社の看板ツアープロであるフィル・ミケルソン仕様のスペック。ミケルソンは1月6日に開幕する米PGAツアーの2022年初戦「セントリートーナメントオブチャンピオンズ」に出場予定。ミケルソンが、このハワイで開催される新年度の初戦に出場するのは21年ぶりのことです。R&Aに登録したタイミングを見ると、同試合でミケルソンは「ローグST MAX LS」のドライバーを使う予定があるのかもしれません。

【画像】キャロウェイ新作「ローグST」ドライバー7機種を全部見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/01/rogueST-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/rogueSTLS-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/rogueSTs-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/rogueSTmax-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/rogueSTmaxLS-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/rogueSTmaxD-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/rogueSTmaxfast-150x150.jpg

最新記事