意外と3パットを減らせます! スタート前の「練習グリーン“付け焼き刃”練習法」

久しぶりのラウンドや初めてのコースで、「スタート前の“練習グリーン”でタッチを合わせる」なんて至難の業なのかも知れません。でも、何とか2パットで収めないとスコアが……。そこで、インドアゴルフレンジKz亀戸店・筒康博ヘッドコーチが“練習グリーン攻略法”を教えてくれました。

スタート前に「タッチを合わせる」は至難の業

 プロコーチ経験を持ち、インドアゴルフレンジKz亀戸店でヘッドコーチを務める筒康博は、

「トーナメントコースと違い、一般営業のコースでは必ずしも練習グリーンと本コースで同じスピードや硬さとは限りません。また、よほど速いグリーンでない限り、午前と午後では芝が伸びるぶんスピードが遅くなりやすいです」

一般営業の練習グリーンのコンディションは、必ずしもコースと同じ速さ、硬さとは限らない
一般営業の練習グリーンのコンディションは、必ずしもコースと同じ速さ、硬さとは限らない

 「一般ゴルファーがスタート前のパット練習をラウンド中にうまく生かせていないとしても、それはヘタだからではなくコースコンディションの問題もあるのです。特に、久しぶりや初めてのコースなのに、練習グリーンでタッチをつかむのはムリなアドバイスで、実行する必要はないです」

 と言います。では、 “練習グリーン攻略法”はあるのでしょうか?

読みと実際の“ギャップ”を把握する

 みなさんがコースに到着するのは、よほどのことがない限り30分~1時間前。そこからスタート準備をして軽く練習場でウォーミングアップしたら、練習グリーンでパターする時間は10~15分あるかどうか。

 その中で、ストロークの確認とグリーンのスピードにタッチを合わせるなんて逆にパッティングに不安が募るだけです。

スタート前に準備すべきは、ストロークやタッチの練習より「読み」に対する“ギャップ”の把握
スタート前に準備すべきは、ストロークやタッチの練習より「読み」に対する“ギャップ”の把握

 そこで、まずグリーン全体を見渡して「傾斜」や「スピード」を想像してからロングパットを打ちましょう。時間がある方やしっかり調整したい方は「歩測」してもよいですが、読みや強さのギャップなど「傾向」を知ることが重要です。

 コースに出てしまえば、練習グリーン時と同じ距離で同じラインのパターを打つことはまずないはず。だったら「何となく」でもよいので、見た目の読みよりオーバーしやすいのか? 曲がりやすいのか? 「今日の傾向」をコースでの読みの参考にする方法をオススメします。

カップインの自信が欲しいなら「超ショートパット」で

【写真32枚】どれかは自分に合う!?「PING 2023パター」全10モデルの詳細画像

画像ギャラリー

「ANSWER(アンサー)」トップレールの色を変えアライメント効果が増した。フェースは転がりの良い浅い溝を採用している
「ANSWER(アンサー)」トップレールの色を変えアライメント効果が増した。フェースは転がりの良い浅い溝を採用している
「ANSWER(アンサー)」トップレールの色を変えアライメント効果が増した。フェースは転がりの良い浅い溝を採用している
「ANSWER 2D(アンサー 2D)」座りが抜群のワイドANSWER。ソリッドな打感の「新ハードPEBAX」インサートを採用
「ANSWER 2D(アンサー 2D)」座りが抜群のワイドANSWER。ソリッドな打感の「新ハードPEBAX」インサートを採用
「ANSWER 2D(アンサー 2D)」座りが抜群のワイドANSWER。ソリッドな打感の「新ハードPEBAX」インサートを採用
「KUSHIN 4(クッシン 4)」短いサイトラインを施したミニブレード。ボールにラインを引かないプレーヤーがラインを出しやすくなっている
「KUSHIN 4(クッシン 4)」短いサイトラインを施したミニブレード。ボールにラインを引かないプレーヤーがラインを出しやすくなっている
「KUSHIN 4(クッシン 4)」短いサイトラインを施したミニブレード。ボールにラインを引かないプレーヤーがラインを出しやすくなっている
「SHEA(シェイ)」モデル史上最高の慣性モーメントを実現。薄いトップレールで操作性も高くなっている
「SHEA(シェイ)」モデル史上最高の慣性モーメントを実現。薄いトップレールで操作性も高くなっている
「SHEA(シェイ)」モデル史上最高の慣性モーメントを実現。薄いトップレールで操作性も高くなっている
「DS72(ディーエス72)」しっかりした打感で距離感が出しやすい。厚いトップレールで安心感のある形状
「DS72(ディーエス72)」しっかりした打感で距離感が出しやすい。厚いトップレールで安心感のある形状
「DS72(ディーエス72)」しっかりした打感で距離感が出しやすい。厚いトップレールで安心感のある形状
「DS72 C(ディーエス72 C)」シンプルに構えやすいセンターシャフト。370グラムの重ヘッドパター
「DS72 C(ディーエス72 C)」シンプルに構えやすいセンターシャフト。370グラムの重ヘッドパター
「DS72 C(ディーエス72 C)」シンプルに構えやすいセンターシャフト。370グラムの重ヘッドパター
「PRIME TYNE 4(プライムタイン4)」ローテーションしやすいコンパクトな角型ヘッド。転がりの良い浅溝を採用
「PRIME TYNE 4(プライムタイン4)」ローテーションしやすいコンパクトな角型ヘッド。転がりの良い浅溝を採用
「PRIME TYNE 4(プライムタイン4)」ローテーションしやすいコンパクトな角型ヘッド。転がりの良い浅溝を採用
「TYNE G(タインG)」深低重心設計でブレにくい形状。3本のサイトラインで真っすぐ構えやすい
「TYNE G(タインG)」深低重心設計でブレにくい形状。3本のサイトラインで真っすぐ構えやすい
「TYNE G(タインG)」深低重心設計でブレにくい形状。3本のサイトラインで真っすぐ構えやすい
「MUNDY(マンディー)」3本のサイトラインが特徴でレールのように狙える。高比重のソールプレートを搭載
「MUNDY(マンディー)」3本のサイトラインが特徴でレールのように狙える。高比重のソールプレートを搭載
「MUNDY(マンディー)」3本のサイトラインが特徴でレールのように狙える。高比重のソールプレートを搭載
「TOMCAT 14(トムキャット 14)」不均等に並んだ14個のサイトドットで構えやすい。転がりがよく「脱ショート」推奨モデル
「TOMCAT 14(トムキャット 14)」不均等に並んだ14個のサイトドットで構えやすい。転がりがよく「脱ショート」推奨モデル
「TOMCAT 14(トムキャット 14)」不均等に並んだ14個のサイトドットで構えやすい。転がりがよく「脱ショート」推奨モデル
ピンパターの代名詞「ANSER(アンサー)」(右)と新たなモデルとして登場したソール幅がワイドになっている「ANSWER 2D(アンサー 2D)」(左)
新たに追加された「TYNE G」。かがむことなくOKパットをピックアップできるのもありがたい
一般営業の練習グリーンのコンディションは、必ずしもコースと同じ速さ、硬さとは限らない
スタート前に準備すべきは、ストロークやタッチの練習より「読み」に対する“ギャップ”の把握
絶対に入る気がする「超ショートパット」をやっておくと、打ち出す方向の「スパット」目安もイメージできる
1 2

最新記事