顔の前にパターを吊るすのは古い? グリーンを読めない人が絶対にやるべきチェックポイントとは?

ストロークや距離感はもちろんですが、傾斜をきちんと把握できないとパットを決めることはできません。そこで100切りレベルの人でも簡単に傾斜を見極められるヒントを紹介します。

最も大切なのはグリーン上で一番高いポイントを把握すること

「私が常日頃アマチュアのみなさんにお伝えしているのは『グリーンの一番高いところを見つけてください』です。グリーンに向かって歩いているときにグリーン全体を見渡して、高い場所がどこかをつかむのです」

「基本的にグリーンはもっとも高い位置からの流れが一番強いのです。そしてその強い流れのなかに小さなアンジュレーションがあり、細かい傾斜が存在しています」

グリーンに上がる前に「一番高い場所」を把握しておくことで、ライン読みの精度は格段に上がる 写真:AC
グリーンに上がる前に「一番高い場所」を把握しておくことで、ライン読みの精度は格段に上がる 写真:AC

「一番強い流れを気に留めず、ボールとカップの間に存在する小さな傾斜ばかりに気持ちが向いてしまうと、見る角度によって、上りなのか下りなのか、スライスかフックかなどがわからなくなることが多々あるのです。簡単にいうと傾斜もラインもまったくわからないという状態です」

「こういったことにならないためには一番強い流れを必ず把握することが大切。そのためにはグリーンのもっとも高い場所を見つけることがポイントになります」

「ボールとカップまでの距離を二等分して、手前半分と奥半分で、どのような傾斜になっているのかをチェックすることも大切です。例えば手前半分は右に曲がる傾斜だけど、奥半分のカップ際は右側の方が高いな、というようにです。こうするとライン全体の傾斜がわかるため、ある程度、自信をもって打つことができます」

「グリーン手前までカートの乗り入れがOKというコースも増えたためグリーン全体を見渡さず、ボールとカップの間ばかりに目が行きがちです。しかし傾斜、そしてラインをつかむためには必ずグリーン全体をチェックしてください。こうすることでパット数は少なくなるはずです」

【写真】ベテランでも意外と正しくできてない!? バンカーのならし方、レーキの置き方

画像ギャラリー

レーキをかける場合は柄をなるべく平行にしてならす 写真:Getty Images
レーキはバンカーの外に置くのが最も一般的 写真:AC
バンカーの内側にフチと平行に置くパターン 写真:AC
レーキのヘッドをバンカー内に入れ、柄の部分をフチと垂直に置くパターン 写真:AC
林に分け入ると必ず1つや2つ見つかるロストボール 写真:AC
数百個の持ち去りとなると、それこそ夜間に忍び込んで池をさらうくらいしないと不可能でしょうが…(写真はイメージです) 写真:AC
今ではほとんどのプロがやらなくなった「顔の前にパターを吊るす読み方」 写真:AC
グリーンに上がる前に「一番高い場所」を把握しておくことで、ライン読みの精度は格段に上がる 写真:AC
1 2

最新記事